八丈に行っていたらしいお向いさんからカツオとアカハタ、カンパチが届いた。中りも少なくてカンパチはお向いさんの1本だけだったらしい。乗船者は常連さんと先輩だったらしいから、独り勝ち?といったところか。少なかっただろう中りを確実に掛け、取り込んだのだからその腕前や如何!届けてくださった奥様の言葉尻からは仕掛けの工夫があったらしい。となると不断の研究熱心さの成果といったところか!さて、何を御礼に届けようか?背中が痛いので、重いビシを振るアジやイサキ、鋭い合わせのタイはちょっと無理そう。沖ものの鈴栄丸は早潮で底が取れなかったらしいので2~3日?3、4日は無理か。残るはフグか。が、白子は・・・・・。となるとクロムツか?う~ん、良い獲物が見つからない。困った~。