DSCN2055 指をかませるとかなり痛いが噛ませておいて良いかとは子猫の里親になった友人からのメール。兄弟が居ればじゃれ合う中から加減と言うものを学ぶだろうし、授乳の際には歯をたてない咥え方も学ぶだろう。しかし、幼くして親兄弟から離れた子猫に学ぶ機会はない。「痛い、痛い。」と言いながら喉の奥をゲッと言うまで指で押して強く噛んではいけないことを学ばせろと返した。しばらくは遊び相手の他にもワクチン接種やらマイクロチップの埋め込みやらと忙しいことだろう。
 
 アジを届けたお向いさんからはとても美味しかったとお礼を言われた。金谷のアジは市場に回らないから、釣り師しか味わうことはできないレアものだ。金谷に限らず、江戸前のアジが店頭に並ぶことは少なくなった、というより見かけない。

 鈴栄丸のメヌケの模様が良いようだが、修理に出したミヤが戻ってこない。一度上州屋の本社?に回り、ミヤから回収に来て修理するらしい。送料がかからない代わりに時間がかかるというわけだ。「いいよ、うちのリール、貸したげるよ。」と船長は言ってくれるが、早朝にリールのセットも煩わしい。終盤のメヌケには間に合わないかも。