どうも気になってならない。鹿島のタコである。

 ドテラならヒラメと同じでよいはず。払い込みと払い出しで錘を変える。違うところはエギを底に付けるというところか。が、長く着けると根掛かりするので引きづれない。タコの動きは遅く、ヒラメのように泳いでエギを追いかけるなんてことは出来ない。とすればタコの居る所へ餌木を落としてやることか。根掛かりさせずに効率よくタコの居る所へエギを落とすにはどうしたらよいか?ぴょんぴょんとケンケン跳びのように動かせばいい。海底を離れているうちに船が流れればいい。こんなのはどうだろう、20回小突いたらすぅーっと聞き上げてあげたままにして船が動くのを待つ。そして着底するか糸を送って着底させる。また20回小突く。この繰り返しでエギを新しいポイントに落とす。あと一つの方法はテンヤ真鯛のように入れ直しを頻繁にすること。これでどうだろう。対処の方法が見つかると明日にでも試してみたくなる。が、奥はアジのEPAが良いとかのたまう。次回の釣行はアジで、タコはその次になりそう。