背中の痛みにもだえ苦しみ始めたのは金曜日だったが、今回はすぐに冷えピタを張ってみた。それが良かったのか、昨日、月曜日あたりから大分動けるようになってきた。が、不快な鈍痛は四六時中続いているし、同じ姿勢で座ったその後の立ち上がる時の激痛はつらい。中ダイを上げ、調子に乗っていたところだからこの運気を逃さないように今日の釣り日和、絶対船に乗りたかったのに・・・。また釣りの神様に見放されたような・・・ネガティブな気分にもなってしまう。いやいや、禍福はあざなえる縄のごとしというではないか。きっと乗っ込みの大ダイを掛ける日も来るだろう。いや、来るに違いない!必ず、来る!誰が何と言っても、、、絶対に来る!

 一週間前に蒔いたゴールドラッシュが発芽した。マルチを敷き、トンネルを掛けたのでここのところの気温があれば発芽は間違いないのだが、それでも小さな芽を見るまでは種が腐ってしまわないかと心配だった。芽さえ出てしまえばこちらの物・・なのだが、発芽の後は毎朝毎晩のトンネルの開閉が欠かせない。サボるとトンネル内は高温になり数時間で完全に枯れてしまう。
 今回は寒さが心配だったので一穴に3粒ずつ蒔いた。3粒が力を合わせて土を押し上げ発芽したのだが、20㎝に伸びたら1本だけを選び、他の2本は切り取らねばならない。何となく哀れというか感傷的な気分になってしまう。育苗トレイに1粒ずつ蒔き、育った苗を移植する方法もあるのだがこれはこれでまた管理に手がかかる。プロの農家は凄いと思う。
 来週、一時的に寒くなる日がありそうだ。その寒さを越したらハウスにキュウリを移植しよう。獲りたてのキュウリを早く食べたい。