暗中模索、五里霧中、七転八倒の釣り日誌

多趣味な世捨て人が、釣りを中心に幅広く、無責任な独断を掲載。

2013年06月

またしてもナチュラルリリース!?

 月曜のバラシが忘れられず、性懲りもなく、奥に飽きれられながら、金曜日に再び新幸丸に乗った。4時ちょっと前に河岸払い。4時半に第一投を送り込む。潮は相変わらず早い。が、パラシュートアンカーと同調して糸は素直に海底に向かって伸びている。そろそろ着底かなというところで明確な中り。快心の合わせ?(いえいえマグレデス)で鉤掛かりさせた。常にドラグがわずかに鳴りながら上がってくる。底には突っ込まないので、タイではない?タモを持つ船長と、「少しドラグが弱いかしら?」「うん、そうだねえ、上げてからしめたら。」なんて話しているうちに赤い影が見えてきた。残念ながらタイではなく、型の良いチカメキントキだった。まあ、これはこれで口開けには重畳である、赤いのだから。取り込んだ後、ドラグをしめたが、ちょっときついかな?という不安はあった。その不安が現実になるまでさほどの時間はかからなかった。
 根掛かりでテンヤを1個ロストした後、ややしばらくして訪れた小さな中りに合わせると、いきなり走った。竿を垂直に立ててしのぐ。止まったところで巻き始めるとと再び走り始めた。船から遠ざかるようにドラグを鳴らしながら糸がどんどん、遠慮もなく出ていく。右舷の釣り師は全員が注目していた(この時はまだ余裕があったのだけれど)。止まらない魚と苦しそうなドラグの音に不安がよぎったとたんにテンションが途絶えた。ライン・ブレイク!巻き取ってみると、結束部分で切れていた。魚をかけてからの結束部分でのライン・ブレイクは初体験だ。あとでそばに来た船長が「さっきのは高切れ?」と尋ねてきたが、「結束部分で…。夕べきれいに巻いたんですが…。」と応じるのがやっとだった。あぁ、恥ずかしい!この後はドラグを少し緩めた。(新幸丸の金曜日のHPに「・・・惜しくもラインブレイク云々」とあるのは私です。船長さん、ごめんなさい。)
 再び中りが訪れたのは沖上り30分前。コツッという小さなあたりに合わせるとこれもがっちりと鉤掛かりしたようだった。こういう鉤掛かりは気分のいいものである。底に向かって繰り返される突込み(この場面だけを見ると、タイに違いないと思ってしまう)をいなしながら引き寄せていく。タモを構えた船長が、「大石さんのはタイだね。」と励ましてくれる。この時、背中の釣り師も鉤掛かりさせていて、「重いだけで突っ込まない。」と言っていたのだ。しかし、タイのようでもあるけれど…・途中でフワッとテンションが無くなる。この時はばらすまいとフルスピードでハンドルを回して糸を巻き取る。するとまた、強い引きが来るのだ。二人をお祭りに巻きこみながらようやく見えてきたギョタイは…白い!残念ながら良型のメダイだった。背中の方の獲物もメダイだった。
 11時チョイ過ぎに沖上りとなったが、またまた残念な結果に終わってしまった。しかし、収穫もあった。それは、走られているときの苦しそうなドラグの音を判別できたことだ。どんなに走られても途中でドラグを締めてはいけないのは鉄則であるけれど、きついと感じたら2乃至は3クリック緩めるのは適切な対処ではないだろうか、私のように締め気味のドラグには。負荷がかかっているときのドラグの1クリックは、負荷のかかっていない時の5割増しに匹敵すると感じるが実際のところはどうなのだろう?メーカーの方に確かめてみたいものだ。

2打数1安打?

 竿を忘れたことが何とも口惜しい!しかしそうそう釣りにばかり行くわけにもいかない。が、行くなら今でっしょ!理由があれば行けるはず!考えましたよ、理由を。それは土曜日の25年度総会が首尾よく終わったこと!何日も準備のためにパソコンに向かったり、プリントアウトして資料を作ったりしていたことは奥もそばで見ていた。頑張ったご褒美として昨日再び新幸丸に乗った。今度は竿はもちろん、小物に至るまで忘れ物は・・・ない。有るはずがない! 
 釣り座は大好きな右舷ミヨシ1番。ポイントについて第一投が艫の人とのお祭り。夜の明けきれないうちの老眼にはこれがなかなかほどけない。最後は船長にお願いした。お祭りの原因?私ののばし過ぎです。底が取れないまま、30メートルも伸ばしてしまったこと。その日も潮が速く、タングステンの10番をつけたのだが着底を見逃してしまったらしい。さすがに10色目になって、お祭りが怖くなり回収したのだが時期すでに遅しというわけ。朝1番のチャンスタイムに、申し訳ありません。幾らなんでも30メートルは伸ばしすぎでした。ふだんは15メートルまで、せいぜい20メートルで回収しているのだが、潮が速く、皆それくらい伸ばしているのではないかと、勝手な想像がいけなかった。
 お祭りに四苦八苦している間に左舷ミヨシ2番の方が3.2キロの美しいタイを上げた。艫でも上がったらしい。第2投目を投入。15メートルほど余分に送り込んだ底辺りでしゃくると「ムズー」といった違和感?合わせると一瞬の引きの後テンションが無くなった。逃したかと竿を下げ、再度食わせようとしたとたんに重々しい引きが来た。そのまま竿を立てて巻きに入る。2、3メートル巻いたがドラグが鳴り引き出される。竿を立ててしのぎまた2メートル、3メートルと巻く。またドラグが鳴る。繰り返しているうちに7色目の赤が見えてきた。隣りの方が船長に合図を送ってくれている。が、赤を5メートルほど巻いたところで急にテンションが無くなってしまった。キャビンの船長と目が合ったので、手を横に振って、フックアウトを告げた。その後、右舷でも艫で大ダイが2枚上がった。まさに朝の30分は大ダイラッシュ!新幸丸のHPの釣果写真のほとんどはラッシュ時に上がった魚です。
 この日は1.7キロの中ダイに4キロのメダイ、大サバに大きなカイワリ、マトウ。5目を釣り上げジエンドとなった。私はドラグを1キロと強めにしているので、深いこともあるが1.7キロではさほどドラグが鳴ることはない。さすがにメダイは引き出されながら取り込んだが、新幸丸カスタムロッドのおかげでさほどの苦労はない。筋肉痛を覚えることもなく浮かせることができた。
 ドラグ1キロというのは最近ではかなりきつめ?かと思う。その代わりに、魚が突っ込めば手を止めてしのぐ。決して無理はしない。竿もみなさんよりも立てている。傘を立てるように…。そうして竿の弾力も最大限利用する。これで魚の頭を引き寄せている(つもり)。
 朝一の大ダイらしき中りには、合わせが中途半端だったと反省している。潮の速さで道糸がたわんでいたのもあるのだろうけれど、コツッとか、モゾモゾとかいういつもの中りではなかった。エビを咥えて「ユラ~」と泳いで通り過ぎていくような中りだったのだ。次は確実に合わせを入れて鉤掛かりさせるぞ!

充実した日々は人を輝かせる!

 昨日は退職者で作る千葉南部支部の総会だった。庶務を任せられているので、この日の前は結構なアルバイト量がある。当日も司会やら議長やらに加え、遅れた会計に代わり集金までしてしまったので忙しかった。
 新会員は7年前?になるが1年間私を助けてくれたI女史。「ちっとも変わりませんね。」と挨拶された。「いえいえ、貴女こそ7年前よりも若くきれいになられた」と思ったのだが・・・そんなセリフは恥ずかしくて言えなかった。しかし、この事実は、7年前は私が激務をさせていたことの証拠であると同時に、その後の彼女の「長」としての仕事が土日もなく、毎日が7-11であっても使命感に満ちた張り合いのある充実した日々だったことを物語っていた。総会後の懇親会の後I女史から声をかけていただいたが、残念、会計やら新年会の予約やらでご一緒することはできなかった。いつか懺悔をして、新鮮な魚を食べていただこうと考えている。
 そんなことのあった土曜日の新幸丸はまさにのっこみまっ最中!いつ行くの?今でっしょ!モードに入ったようだ。日曜は満杯だろうな。午後なら少しは空きがあるかな?しかし、奥が母親の介護に里帰りしている私には私の母親の介護がある。4.7キロが自己レコードなので、今年こそ5キロ越えをかけてみたいものだ。今度は竿を忘れないぞ!

釣りの神様、お許しください!

 昨日の夕方、新幸丸の船長から明日出船するとの電話をいただいた。というのは、午前中に予約を入れたのだが、その時点では出船が決定していなかったからだが、「言いだしっぺか。麻雀なら一人負けのケースだな。」と不安がよぎった。が、台風の近づいてくる明日あたりは、必ず釣れるはずと考えての予約だったのだ。船長の電話を受けて、急いで準備を済ませて早めに床に就いたが、なかなか眠れない。その内眠ることができたようで、1時半に目覚ましの音で目覚めた。歯を磨き、母のオムツを替えて2時に出発した。東金で一般道に下りたところで気が付いた、竿を積んでいないことに!取りに戻ることはできない。やむを得ない、貸し竿で釣ることに決め大原を目指した。
 結果?私だけが、小鯛1枚という貧果!この日の釣り師は4人。4隅に陣取って5時前に釣り開始。左舷の二人はそれぞれ大ダイを釣り上げた。カーブフォールを試したり、底を舐めるように狙ったり、探検丸の像に合わせて中層を探ったりしたが不安通りの釣果に終わってしまった。釣りに行くのに竿を忘れるなんて、釣りの神様の逆鱗に触れたに違いない!教訓!釣り道具は前日に積み込んでおくようにしよう!

二ヶ月ぶりの新幸丸で!?

  父の日に頂いたスコッチの肴欲しさに、新幸丸の午後船に乗った。釣果はタイと花ダイ各3枚。大きなホウボウにマトウダイが1匹ずつ。中りも頻繁にあって楽しい釣りだった。
 水深は60から70メーターで、潮も早い。「マメに入れ替えてください。」と船長もアドバイスする。隣り、左舷ミヨシ1番の方と必ずお祭りするので、テンヤの号数を尋ねると13号だという。私は8号。これではお祭りするはずだ。テンヤケースの奥に忍ばせておいた13号を取り出しお祭りを解消した。が、ミヨシ1番ならいくら伸ばしたとしても他人とお祭りする心配はない。ほかの人より1番、乃至は2番軽いテンヤが使えるはず。軽いほどゆらゆらとゆっくり落ちるので喰いは良くなるし、中りも切れが良くなるというか明確になるというかゲーム性が高まる。根掛かりも格段に少なくなる。そんなわけでミヨシ1番が私は好きだ。
 きのうは胴の間だったので、思いっきり遠く、且つ艫の方向へ投げてお祭りを避けると同時に自分の前で底を打つように試みた。底を打ってヒトシャクリしたところで中りが出ることが多かった。魚は浮いてはいないようだ。潮も澄んでいて、右舷の方はウマズラを立て続けに3匹釣っていたがJRAは少し浮いているはず。そこで私はひたすら底を釣るようにした。70メーター、13号という初体験の重いテンヤだったが、新幸丸カスタムロッドは中りを明確に伝え、魚を浮かしてくれた。残念ながらドラグが鳴ることは1度もなかった。久しぶりに来て、大ダイを釣ろうなんて虫が良すぎるよねぇ。大ダイは釣れなかったが、竿先をじっと見つめ、微かな振れに合わせる一瞬がたまらない。
 久しぶりゆえの失敗には笑ってしまった。その1、リールのベールを倒さずに投入してエビが空を飛んで戻ってきたことが数回?いやそれ以上に有ったこと。その2、遠投して沈んでいく途中だった。4色ほど出したところ(水深20メーター辺りか)で急に横に走り、ワラサかと思ったがフッと止まった。残念、ばれたかと勝手に思った次の瞬間またものすごい勢いで走った。思わず道糸に添えていた中指で道糸を抑え込んでしまった。パチッと手元で音がして道糸が切れた。1300円のタングステンテンヤと高い道糸40メーターが…。おまけに私の中指の腹も切れていた。落とし込みで青物や、底近くで大ダイがひったくっていくことはよくあること!油断というより忘れていたというべきか!ここ1番のチャンスに適切な対応が取れなかった。今になって悔しさが湧いてきている。いやいやシイラだと思うことにしよう(負け惜しみデス)。
 沖上りは19時10分。港には20時ちょっと前に入った。船長はいつ寝るのだろう?

今日も人気者!

 ようやく晴20130617115043れ間の見えた朝、ナスのマルチシートを剥して根元の乾燥を計画した。勢い良く濃い紫じみた葉を空に向かっ20130617121215て広げていたナスだが、どうも全部が半身萎縮病にかかったらしい。下の方から葉が黄色みを帯びて萎れてきてしまった。一日根元を乾燥させた後、1000倍ベンレート水溶液を根元に潅水することにした。見事なナス紺の実が大きくなっていただけに残念でならない。薬害を避けるため今日から2週間後の収穫となってしまう。ヒトだけでなく、植物だって生きて生長するのだから病気にもなるし、細菌により犯されることもあるし、摂取する栄養の偏りで発育不全にもなる。逆に過保護ではもやしのようになってしまう。難しいものだ。雨の間出来なかったトマトの脇芽摘みを済ませてから佐原の水生植物園に向けて出発した。
 約1時間ほどで到着。平日にもかかわらず、駐車場はほぼいっぱい?入場券を求めて中に入ると今日の咲き具合を入場券に印刷したような見事な花菖蒲が出迎えてくれた。様々な色合いの花菖蒲が見事なまでに咲き誇っていた。金太郎を抱いてのんびりと園内を巡ると、すれ違う人々、追い越していく方々から金太郎に向けて「かわいい」「かわいい」と声が掛けられた。中には抱き上げるご婦人まで。現職中は毎週のようにテレビや新聞等の取材を受け、大臣はじめ度々議員の視察を受けたこともあるが、金太郎ほど注目されたことはない。チョット嫉妬してしまう。出口では絣のユニフォームの若い女性から、「猫は初めてです。」と話しかけられた。記念写真がほしかったが…ナンタラ爺と言われそうで見栄を張り遠慮してしまった。残念だ!
 「あやめ祭り」と称する例が多いが、そのほとんどは花菖蒲である。アヤメは乾燥した土地に多く生育するし咲く時期も菖蒲よりも早い。菖蒲は湿地に咲く。当地では6月の花菖蒲だけでなく、5月のアヤメやカキツバタ、7月のハスなどを提供しているので「水生植物園」としているのだろうけれど、他には正しく「菖蒲園」と称しているところもある。言葉の響きは「アヤメ」の方が良いので、花菖蒲にもかかわらず「アヤメ」と称しているところもあるようである。「チダイ」を「真鯛」と言っているように思われてくるのは私だけだろうか。
 昨日、長男のお嫁さんから12年物のスコッチウイスキーが届いた。そう、きのうは父の日!もう1年、2年熟成させてから口を開けようかと思っていたら、「樽から出した途端に熟成が止まるのです、ワインと違って。」と帰りの車のカーラジオで森永卓郎氏がニッカの方の話を披露していた。ウヌー・・・ロックアイスを買ってくるとしようか。肴は・・・乗っ込みの真鯛なら最高なのだが・・・。

できるだけたくさん一緒にいたい!

2013040917541720130301225754
 都合の良いことに明日は大原も鹿島も定休日。釣行しようかすまいか?タイかフグか?と悩まなくて済む。そこで明日は金太郎を連れて佐原の水生植物園に行くことにした。2008年12月2日に召されたエルは賢い猫だったが、死んだ時も現在も、もっとたくさん一緒にいてあげればよかったと後悔している。だから、金太郎とはできる限り沢山一緒にいたいと思っている。金太郎にとっては家で寝ている方が望みなのかもしれないが。
 だが、スコティッシュという猫、犬のような性格の猫である。つまり人懐こいのである。私たちが1階に下りていると直に下りてくる。私たちが食事を始めると子猫の様な鳴き声で鳴きはじめる。「ごはん?」と聞くと体を擦り付けて階段の方へ歩きはじめる。食べ始めるのをお皿のそばで見ていてあげないと食べ始めない。極めつけは追いかけっこを誘う。猟犬だったラッキーが、川や池に行くと水面にペットボトルを投げろと催促した様子によく似ている。スコティッシュ座りや前足を胸の前でそろえて後ろ足で立つ様子も可愛いが、あおむけで寝ている様子が何とも言えず、「君は猫背じゃあなかったの」と声をかけてしまう。毎日、金太郎に癒されている。顔も縦より横の方が長いのも可愛い。実は次男の猫なのだが、いつまでも長期出張が続いてほしい。たまには里帰りするのだが、ご飯はもらっているのだろうかとか、トイレはその都度替えてもらっているのだろうかと心配になってしまう。孫の居ない私たち夫婦には孫のようなもので、家族の一員である。

アジサイ屋敷へ

 20130614133856
朝から細い雨が降り続く一日だった。雨ならばアジサイだろうというので、盛りらしい茂原のアジサイ屋敷に出かけた。茂原街道を走り、ねずみ坂を下って高師の交差点を右折した後は平らな水田の中を走る。こんなところにアジサイ屋敷があるのだろうかと不安になってくる。育ったところが山に囲まれていたせいか、ただっぴろい平野はなんとなく落ち着かない。浅草から東武電車に乗って日光に向かう途中のどこまでも平らな風景は何とも耐えがたい不安定な気分になリ、居眠りさえできなかったものだ。閉所ならぬ平所恐怖症かな。利根川を越えて山が真近になってくるとほっとした気分になりようやく車窓から田園風景を眺めたり、持参した本を読んだりできた。
 心配になって「こんなところにあるのだろうか?」と奥と話しているうちに低い山が見え始め、ネットで見たアジサイ屋敷の期待が膨らんできた。まもなくあちらこちらに散見できるようになった看板に導かれるように、屋敷に到着できた。
 駐車場に車を止めたあと、金太郎を抱いて山肌に植えられたアジサイを楽しんだ。「雨のため進入禁止」と竿で散策路が何か所も制限されていたが、心遣いがうれしい。本格的なカメラを構える人や水彩画や油絵を描いている人、ご夫婦で鑑賞している方々などが、思い思いに楽しんでいた。金太郎は皆に可愛いと声をかけていただいたが、どうしたことか爪を立ててかじりついていた。足元が濡れているので歩かせなかったが、背中の方にまで爪を立ててよじり登ってくる。それほどの人波でなし、怖がる理由がわからない。夜行性のためだろうか猫は色盲だと思われていたが、実は色の判別ができる。アジサイの様々な色にびっくりしたのかな?
 帰りだが最近開通した圏央道に乗りたくて、長南インターまで足を延ばし東金経由で帰ってきた。長南から東金までは、真新しい路面が目線と同じくらいの高さの山々の間を緩いカーブですりぬける快適な道路だった。交通量も少なく、次回はバイクで走ってみたい。来週、晴れ間が見えたら佐原のアヤメか長南の金魚草を見に行きたいと思っている。が、奥と金太郎は付き合ってくれるだろうか…。

男はどこへ行った!?

 釣れたヤリイカはなんと雌ばかり!鹿島のヤリイカが復活したというので、急遽、タイからヤリイカに変更した結果が雌ばかり。卵を残してサッと煮つけた味は大好きなのだが一匹のオスも釣れないというのでは、ねぇ・・・、刺身が…。こんなことってあるのでしょうか?いったいオスはどこで浮気をしているのだろう?
 タイからヤリイカに急遽変えたためロッドキーパーを忘れたり、沖干し用の竹串を忘れたりしたが一日楽しむことができた。だが、ミスはほかにもある。その一つがドラグ。前回の釣行の後、リールの塩出しをしたままだったのでドラグはギンギンに締めこんであった。そのまま使ってしまったため、身切れで何杯かのイカをばらしてしまった。3杯は掛かっていたはずなのに1杯しか取り入れられなかったり、巻き上げ途中でばれてしまったりと、竿の上下だけではカバーしきれなかった。
 この日のヤリはベタ底!着底後、仕掛け分(7本鉤なので、1.2m×7=8.4m)送り込んで竿先を見ているとツンツンとイカがスッテを噛んだ様子が伝わる。軽く合わせを入れて手巻きでゆっくりまき上げると、次々に掛かって来る。仕掛け分巻き上げたところで電動で巻き上げた。7本バリに6杯掛けもあったりして楽しい一日になった。中重りだが、潮が行ってなかったので8号を使った。中乗りさんには15号ぐらいでゴムクッションの付いていないものがいいよとアドバイスをもらった。なるほどね!
 昨日は鹿島港幸栄丸に乗船したが、ヤリイカではいつも締切真近に港に着くようにしている。早く着いたときはゆっくり支度をして最後の船に乗るようにしている。昨日も最後に受け付けをすませた。一旦はミヨシの高い席を指示されたが、荷物を運んでいたら、「もう一杯出します。」という有り難い船長の声!すでにセットした釣り師は動く気配がない。そりゃそうだよね、面倒くさいもの。結局移った釣り師は9人で、私の乗った左舷は4人。これなら仕掛けを10mぐらい流したところでお祭りの心配はない!タイやヒラメ、コマセ釣りなら艫有利が多いけれども、イカではさほど釣り座の有利不利はない。仕掛けの長い分、乗船者の少ない船の方がのんびりと自分流の釣りを楽しむことができる。
 中乗りさんも言ってたけれどヤリはそろそろ…。昨日もムギの割合が多かった。ムギはムギで美味しいけれど…。

乗っ込み本番!新幸丸カスタムロッドで…!

 新幸丸の釣果が良い!乗船者全員に福音がもたらされるわけでは勿論ないけれど、可能性は高い。が、初体験者とか、ビギナーが隣にいたら・・・難しいかもしれない。なぜなら彼らは船長の言うとおりにテンヤを打ち込み、誘いをかけるから。
 前回の新幸丸釣行で「ほとんどブリ」をかけたが簡単に浮かせたことは書いた。その理由が「新幸丸カスタムロッド」だろうとも書いた。船長が「簡単に浮いてきたよね、タイかも知んねえ。」といったことも書いた。残念ながらワラサだったが。いずれにしても新幸丸カスタムロッドのポテンシャルは高い!と思う。今週は大原に決めた。もちろん新幸丸カスタムロッドを持参して。いい報告ができるとよいのだが…。
 先週勘次郎丸に乗った時、ゴムクッションに幅広の輪ゴムを切って使っていた釣り師がいた。経験と実績から輪ゴムを選択しているのだろうけれど、私は使ったことがない。製品のばらつきが気になるからである。そんなわけでアジやイサキでは某メーカーのゴムクッション1.2ミリの50センチを使っているが、投入前にヒトヒロ近く伸ばして弾性を引き出してから使っている。傷もその時にチェックしている。少しでも傷があれば新品に替えているが、傷のチェックは前夜に済ませておくべきことだろう。解ってはいるのだが、道糸やリーダーのチェックで手いっぱいで…。仕掛けは勘次郎丸の3本鉤。赤いビーズがついたやつである。勘次郎では使ったことがないが、アオイソメは保険で持っていると精神安定剤にはなるかもしれない。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ