暗中模索、五里霧中、七転八倒の釣り日誌

多趣味な世捨て人が、釣りを中心に幅広く、無責任な独断を掲載。

2013年09月

ドラグの調整

20130929144959 時化後の大原だったが、ああまあかな。1.2キロを筆頭に700g台が5匹に500gが3匹、300gが1匹の10匹だった。外道はサンパクとカンパチ、ショウサイフグが各1匹ずつだった。 
 4時20分河岸払い。小1時間走って25メートル立ちで釣り開始となった。左舷ではぽつぽつ上がり始めたたのだが、右舷は蚊帳の外。その内右舷にも回ってくるさと緊張感を保つ。やっと中りに合わせたかと思ったら赤は赤でもベラだ。中りそのものが少ない。エサも減らない。潮も素直なので予備に持参した軽いテンヤ用のニットウの竿に2号を縛って釣り続けた。6時を過ぎたころ着底少し前に糸の出が止まった。んっと思って竿を立てると掛かった。魚は軽そうだがリールはドラグを鳴らしながら糸が出ていく。3クリック締めて巻くがそれでも出ていく。さらに3クリック締めて巻く。タモを持ってそばに来た若船長にドラグが緩いことを告げながら魚との間を詰めていく。海面が近付くと回り始めて青物を確信した。見え始めた魚体は・・・案の定白い。45センチくらいのカンパチだった。予備の竿だったのでドラグ調整を適当にしたまま投入してしまったのだった。若船長に調整してもらい画にあるような1.1キロのタイやサンパクを釣ることができた。このサンパク、着底直前にひったくるような中りだった。まだペールを倒したままだったので糸が猛烈に出ていく。左手で道糸を抑えてブレーキを掛け、糸の出が心持ちゆるんだところでペールを起こした。掛けた後はドラグを固めに占めていたこともあり、比較的楽にタモへと導くことができた。青物は海面に顔を出すや否や再び走ることが多い。海面まで引っ張り上げたら緩めずに巻き続けないといけない。実はこの直前にもガッというような中りがあったのだが、思わず竿を立てて思いっきり合わせた途端にチモトからテンヤを食いちぎられて逃走を許してしまっていた。その後だけにシメシメという気分だった。
 後半、9時を回ったころから右舷にも魚が回ってきてタイはツ抜けすることができた。テンヤも2号を使ったが昨日はよく根掛かりを繰り返した。隣りの釣り師も高いタングステンをいくつもロストし、ため息交じりにこぼしていた。私はというと探検丸を頻繁に見て糸の出を調整し、海底にステイさせる時間を作らないようにした。が、ちょっと気を許すと根掛かりを起こしてしまう。すると2回に1回はテンヤをなくすこととなった。先週買った2号と1.5号の新幸丸テンヤも太平洋に沈んでしまった。仕方なく3号を使ったが、重い分根掛かりも起こしやすい。一層ステイの時間を作らないように気を付けた。根掛かりした時に岩にでもこすったのかハリスがわずかに、ほんのわずかに擦れた跡があった。これくらいいいかと思ったのがいけなかった。ドラグが鳴ったとたん、テンションが無くなり、上げてみるとすっぱりと切れていた。ハリスの傷に気づいていながらの凡ミスだった。ハリスの傷だが、大物を釣り上げた後やウマズラの多い時などは頻繁にチェックするのだけど、根掛かりの多い時もチェックしたほうが良さそうだと気づいたが後の祭りだった。沖上りの後、2号のカブラを補充して大原を後にした。

即身仏のよう!?

 13日から水だけしか口にできなかったピンが夕刻死んだ。亡くなった父が可愛がっていた猫で、庭の雀を捕まえては意気揚々と見せに来た得意そうな表情が忘れられない。最近は奥の部屋の出窓が昼間の定位置で、今を盛りと咲き乱れる白萩の咲く庭を眺めて過ごしていた。ここ10日間はよろけながら、時には壁に寄りかかりながら歩いていた。2、3日前からは50センチ歩いては床に長々と横たわっていた。それでも用はトイレで済ませ、床や寝床を汚すことはなかった。体は骨と皮だけになり、筋肉の一片もなくなってしまっていた。最後は内臓のエネルギーも使い果たしたらしく、腹を触っても内蔵を確認できなかったほどやせ細ってしまっていた。まさに、命の続く限り生きたという感じだった。最期の時も「ピン!」と呼ぶと起き上がろうとでもするのか両足を突っ張るように、2度動かした。脳死などではなく、意識はあったのだろうと思う。でもそれで最後のエネルギーを使い果たしたのだろう。瞳孔が開き二度と目覚めることはなかった。
 この猫、目も開かないうちに捨てられていたのを小学生だった甥が拾ってきたのだった。そんなわけだから、兄弟とたわむれた経験がない。母猫の乳房に歯を立て母親に叱られたこともない。父も溺愛するばかりでしつけというものをしなかった。そのためだろうか、人を噛むのに加減を知らなかった。母も父も幾度となく噛まれて血を流していた。可哀そうな生い立ちのなせる結果なのかもしれない。あすはエルやラッキーがお世話になった佐倉の霊園でお経をあげてお骨にしてもらうつもりだ。エルもラッキーもサースも病んで最期は2日だったので、ピンのように持っているすべての生命力を使い果たして旅立った姿、生き方には感銘を受けた。生を受けて生まれて来た者の生き方の一つを目の当たりにした気持ちだ。まとまらないけれど、私も延命治療を受けることなく、生を全うしたいと願っている。
  
 

日曜日はすでにいっぱい!

 射撃の合間にもふと海が気になった。金谷国際射撃場から眺める東京湾は強い北風で一面にウサギが飛んでいる。が、当然のことながら波はさほどではない。この風も明日には収まるだろうし、外房の波もあさって土曜日には落ち着いてくるだろう。となると、日曜日辺りは荒れた後の荒食い?下手な鉄砲のうるさい中、すぐ新幸丸に電話を入れるとすでに10人の予約が入っているとかいう返事だった。日曜日の午後は用事があり、午前しか体が空かない。釣れなくともいい、のんびりと空いた船に乗りたいと思う。が、時化後の日曜日ともなればそれは無理な注文で結果、日曜日の午前船に乗ることになった。台風18号の通過後のような釣果を期待しての釣行だが果たして2匹目のドジョウは?
 射撃の帰り道、猟友宅に寄って巨大?落花生のオオマサリを掘り、どっさりと貰ってきた。帰宅後すぐに1時間ほどかけて茹でて食べると、これが予想以上に甘みがあり従来の落花生より旨い!前堂本知事が胸を張っただけのことはある。皆さんもぜひご賞味あれ。この落花生だが、雨の少なかった夏の影響で身入りの悪い畑もあるようだ。幸い知り合いは皆、後半のスコールの様な雨の恩恵を受けて身の付きも実入りも申し分ないらしい。がこのスコール、文字通り局地的で道路一本で土砂降りと一滴も降らない地域が別れたという。葉物に限らず落花生のような露地栽培の作物は、ちょっとした天候に出来不出来が左右されてしまう。去年、早い時期に出荷できた生姜は高値で売れたが、出荷が遅くなってしまった農家では買い手がつかず、大きな損出だったという話も聞いた。天候の話ではないが、収穫量の少ない一等米を作付けするよりも収穫量の多い二等米を作るほうが収入が多いという。葉物に限らず、ばくちの様な農業の実態である。
 

築地?定置網の船上?

 昨日の新幸丸の午前船は凄まじい釣果だった。10人中9人が大ダイ、中ダイ、良型をそれも複数枚手にしていた。35リッタークラスのクーラーでは帰りに配られる氷の入る隙間がないほどだ。築地の仲買さんの店頭か定置網の船上のよう!いやいや、それ以上だ!水曜日から、木、金、そして今日土曜日と連日の中ダイ、大ダイラッシュ!若船長に「タモ取りが忙しかったろう?」というと、「いやぁ~ほんと、忙しかったですよぉ!」との返事が返ってきた。取材に入っていた釣りビジョンのスタッフもこぼれんばかりの笑顔でカメラを回していた。そのカメラの前で、魚をかざす両手があまりの重さで震えている若者も!う~む、我々午後船グループに魚が残っているだろうかしら?我々の釣果?このネガティブな予想が良くなかった!
 昨日の午後船は小鯛のラッシュ!私が12枚。艫の頭は30枚近い釣果だった。河岸払いの時若船長が「軽いテンヤが良かったみたいですよ。」と教えてくれたのでまず4号。そして3号で釣った結果だ。落として着底と同時に竿先が小さくモゾモゾと振れる。すかさず魚を載せるようにしてしゃくると小気味よい引きが来る。入れ食いの時間もあった。が、小鯛ばかり!若船長と「これが本来の秋ダイだよね。でも1枚欲しいなぁ。」と話しかけると「そうですよね。でも午前が異常ですよねぇ。」と返ってきた。「小鯛の群れの上に大きいのが泳いでいるはずだよね。」「軽いテンヤで上を探ってみるといいですよ。」「うん、さっきから底を切って探っているんだけどなぁ。」・・・・・・しかし・・・小鯛ばかり!いや、大ダイ中ダイの中りを掛け損なっているのだろう。暗くなった6時まで粘ったがついに小鯛ばかりで終わってしまった。富士山に沈む大きな太陽も、海の上に上がった十六夜の月もこの上なくきれいだった。これも釣り師の幸福の一つに違いない。小鯛は開きにするか、から揚げで食べようと思う。

明日は新幸丸に

 明日も午前船だけらしい。とりあえず午前船を予約した。青物も1匹欲しいので、テンヤの底に螢ムラ塗料を塗った。以前書いたが、マダイは紫外線を認識しないので、マダイにはその効果はない。
 今日の乗船を問い合わせた時、いっぱいだけど・・・という返事だった。午後船のリクエストはないという。贅沢な願望なのだが、釣れなくてもいいからのんびりゆったり釣りたい。大勢の釣り師と並ぶと知らず知らず競争をしてしまう。物心ついたときから偏差値の海の中にどっぷりとつかり、競争の中で人生を費やしてきた団塊世代の悲しさ!ついつい口開け1番を狙ったり、1番の大物を狙ったり、竿頭を狙ったりしてしまう。哀れで悲しいまさに団塊世代の性なのだ。テンヤ真鯛はエンジンを切るので、風と波の音しか聞こえない、優雅な釣りだと思う。海の上にいるだけで幸せいっぱいになってしまう。釣れたら尚更で幸福感に包まれる。
 3年前に他界した父の忘れ形見?のピンが食べなくなってから10日以上が過ぎた。途中5日ほど入院して点滴を受けたが回復の兆しはない。退院してからも水をぺろぺろと4,5回舐めるだけでご飯はまったく食べてくれない。それでもよろけながら椅子に登って眠ったり、梨の入っていた段ボールに潜り込んで眠ったり、出窓で日向ぼっこをしながら眠ったりしている。ピンが背中を向けるや否や背後からとびかかってじゃれていた金太郎も今はピンにすり寄り匂いを嗅ぐばかりだ。あと何日か、残されたピンの命が尽きるまで繰り返されるのだろう。骨と皮ばかりになってしまった。抱き上げても羽のように軽い。毎朝生きていることを確認するのがつらい。

血に飢えた・・・

 藪蚊である。
 台風は静岡辺りに上陸しそうな気配だ。とすると、進路の右側に入りそこそこの風が吹きそうだ。百姓モドキにとっては「ウム~野分か!」と安穏としていられない。早速、繰り返し強い雨が降る中、ハウスを締めに畑に足を運んだ。釣り師で俄か百姓のこと、合羽はいくらでもある。上だけを羽織り、ハウスを締め、事は序でとシソやモロヘイヤ、嫌いなゴーヤ、トマトとピーマンを収穫した。今日と明日の分である。ふと足元を見ると、ジェジェジェ!半ズボンと長靴のわずかな隙間に我先にと藪蚊がたかっている。うちの畑、以前から藪蚊達の住処にはなっていたのだが、毎日食べる葉物もあるため駆除できないでいたから当然といえば当然の話である。しかし、この強い雨の中を律儀なことである。一回「バチッ」と叩くと3匹も4匹も叩き潰せた。
 藪蚊のセンサーにはいつも感心させられる。車から降りて、リアハッチを開けている間にもう藪蚊がたかってくる。ものの10秒とはかからない。スゴイ!加齢臭が好きなのかな?フグやタイもスゴイ!あの腐ったような青柳を喰いながら腹をこわしたフグにはお目にかかったことがない。きっと、強靭な胃腸を持っているに違いない。タイはあの恐ろしい鉤が2本も潜んでいるのも物ともせずエビをかすめ取っていく。君の勇気?喰い地には脱帽です。藪蚊君、フグ君、タイ君、君たちは本当にスゴイ!台風が通り過ぎて3日もしたら会いに行くからね。

大ダイ乱舞!

 けさの新幸丸は凄い!以前ブログに書いたけれども、「荒れる前の荒食い」現象である。海が荒れる直前、うねりが押し寄せ始めたころが最高である。ああ、行きたかったが毎週末は奥が里帰りするので車いすの母を介護しないといけない。訪問入浴サービスもある。残念だ!台風通過後に期待しよう。

ネオニコチノイド系農薬!

 昨夜のクローズアップ現代はミツバチの大量死がテーマで、ネオニコチノイド系農薬のミツバチへの毒性についてレポートしていた。趣味の家庭菜園では、家族やご近所の方の口に入るものなので、農薬にはかなり注意を払っている。元の地主さんが専業農家で、しかも、研究熱心なのでいちいち助言を仰いでいる。そんなわけで農薬の種類については安心していた。私が気を付けることといったら、作物の様子に注意を払い発病の初期を見逃さないことと、使用する農薬の濃度を厳守することぐらいだ。その他には記録することぐらいで、正直お気楽に構えていた。
 家の庭には食するものはないので、チャドクガや藪蚊の駆除にはスミチオンを多用していた。倍率は1000倍。チャドクガの発生を見逃してしまい、大きくなってしまった時は750倍で使うことが多かった。2、3日前から咲き始めた白萩や椿がコガネムシの食害にあった時も750倍だった。常温生物には影響の少ない農薬で、植物に対して高い浸透性があり、薬効が長く持続するので重宝していたのだが・・・・。庭にはアサガオも植えてあり、毎朝雨戸をあけた時、たくさんの大輪の花で目を楽しませてくれる。勿論というか必ず何匹かのミツバチが飛び回ってスミチオンの混じった蜜を集めている。今朝は「巣に帰れるのだろうか?」とか「死にはしないだろうか?」と心配になってしまった。その時は即効性のある、が、薬効は3日程度のランネートを使おうかとも思った。しかしこのランネートは扱いの難しい農薬で且つ劇薬。実質、市街地での使用は不可である。困った!製薬会社はネオニコチノイド系農薬とミツバチの大量死との間に相関はない、安心して使ってほしいというけれど…。そうそう、福一のときも「大丈夫、すぐに健康被害はない」と言い続けて「ミスター大丈夫」の称号を贈られた学者もいたっけ。専門家や当該企業の主張に反論はできないけれど、少しでも不安が残るのなら安全な方を選びたい。
 今日は白菜とキャベツの苗を移植し、アファームの2000倍液を掛けた。これで収穫まで農薬はかけないで済むはずなのだが。台風が通り過ぎたら大根を200本蒔く予定だ。そのダイコン、昔は9月3日に種を蒔けばよい大根ができると言われていた。が、温暖化が進み、3日では暖か過ぎてアブラムシにたかられてバイラス病になってしまう。それを防ぐにはアブラムシの特効薬であるアルバリンを散布しないといけない。このアルバリンもネオニコチノイド系農薬である。白菜もキャベツも花が咲く前に収穫してしまうのでミツバチへの影響はないけれど、近くに生えているオオイヌノフグリなどの雑草やナバナなど春に花を咲かせる植物に薬がかかる可能性は否定できない。因みに私は気温が下がり始め、アブラムシの活動の弱まる9月中旬に種蒔きをすることにしている。

久しぶりのタイ釣行で!

20130911114041 10日、新幸丸の午後船に乗ってきた。釣果?ん~まあまあといえばまあまあ。2キロの中ダイに700と500,400のタイ4枚にハタが1匹。が、バラシがひどかった。フグにばかり通い詰めていたせいかな。フグの聞き合わせよりはるかに強い合わせでないと、あの、硬いタイの骨を貫通させることはできない。運よく横にかかれば話は別なのだが。
 バラシの1、 2回目の投入で、感覚的には半分落ちた辺りで糸の出が止まった。うっ、止まった!即、竿を立てると鉤掛かりした。まあまあの型らしく、巻き上げに入ると硬めのドラグがわずかに鳴っている。しめしめ、まずは坊主解消ね、と思った瞬間、テンションが無くなった。痛恨のバラシ!
 昨日は潮は1ノット強だが、風とのマッチングがさらによろしいようで、4号のカブラで35メーターの底が明確にとれる。そこで3号に落としたが、終了真近は2号でも底が取れた。シーアンカーと風と潮が素直にマッチしていたようだ。2キロの中ダイだが、カーブフォールを試みるが中りが来ない。目の前で底を打ち、チョンチョンと誘いテンション0で落としていく。すると、誘ったテンヤが底を打った辺りで、モゾモゾという中りが来た。すかさず竿を立てるとグッと竿先が止められ、良型を確信した。巻き始めると、ドラグが鳴る。これがたまらない。若船長が、タモを尋ねて来た。タモをお願いして、しばらくしてから2キロの良型がタモに収まった。バラシの2はその後である。またも底付近で中りがあり、合わせたが10メーターも巻かないうちにばらしてしまった。回収して撃ちこみ直すと、「いい引きでしたね、さっきぐらい?」と若船長の問いかけ!「見てたのぉ?」というと。「見てましたよぉ。」とのトドメが来た。どの船長も、この辺りは実によく見ていらっしゃる。悔しいねぇ。
 そのほかにも、バラシが何回もあった。半分も取り込んでいたらぶっちぎりの頭だったのだが…。
 前回のブログで書いた新しいテンヤを試してみた。テンヤとチモトの間を3センチで作ってみたが、確かに中りは良くとるようにカンジタ。が、竿が異なりポイントが異なっていたので、有意差は・・・・?である。魚が異なり、状況が違う中で商品として市場に出すメーカーの苦労は並大抵のことではないだろう。ブログをご覧いただいた方から、同類のテンヤについて歴史的経緯も含めて情報をいただいた。様々な時代、様々な海で、探究心の虜になって釣法開発に取り組んだ多くの人々に、改めて尊敬と敬意を伝えたいと思った次第である。次回の釣行でも、試してみたい。

新しいテンヤ?

 先日、射撃でお世話になっている棟梁にフグを届けた時の情報です。
 たまたま帰ってきた息子さんからの情報なのだが、テンヤに親針を固定しないタイテンヤの感度が抜群で、良く針掛かりするという。ごく小さな中りもしっかりと伝えてくれるというのだ。しかし、親鉤のチモトと、リーダーが直結されたテンヤとの間が離れているわけで、その分中りの伝わり方にタイムラグが出そうに思う。中りが良くわかるというよりも、エビがふわりふわりと動くので、それが誘いになり食いが良くなるというのではないだろうか?帰宅途中、ゆきつけのジャイアントに立ち寄り、テンヤとテンヤ鉤を買ってきた。鬼平を見ながら試作してみたので、早速明日試してみたい。船長に笑われるかな?
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ