暗中模索、五里霧中、七転八倒の釣り日誌

多趣味な世捨て人が、釣りを中心に幅広く、無責任な独断を掲載。

2015年03月

超速潮の一つテンヤ!

20150331151003 27日の金曜日、幸丸でヤリイカを釣ってきた。
 受け付けはラスト。港に行くと「大石さん、すぐに31号船に乗ってください。」とアナウンスされてしまった。なじみの実川船長に「ご使命だよ、大石さん。」と冷やかされ、みんなに顔をみられてしまった。ああ、恥ずかしい!
 釣果は25杯。左の方が18、右の方は15。そのまた右の人も十いくつとか申告していた。右舷のトップは60杯!イカやアジでは漁師のような人がいるので、竿頭の半分釣れれば御の字と思っている。それでもたまには竿頭になったり、2番竿になったりすることもあるので、そうそう下手ではなさそうだと自惚れていたのだがこのところ釣果が芳しくない。
 ニフティに投稿したヤリの持ち帰り方法だが、新聞紙でくるんでから傘入れ用の細い袋には入れることができなかった。大きな袋に並べるしかないようだ。

 今日は新幸丸に桜ダイを釣りに行ってきた。が、こちらも芳しくない。隣の方も背中の人も左舷右舷の艫の人も大ダイ中ダイをラッシュのように釣り上げているというのに私ともうおひと方だけが蚊帳の外だった。着底直後の竿先のムニョムニョッとする中りに合わせて、上げるには上げたのだが550gが一枚。船長の「うーん、タイではあるけれどねぇ…。」というキツ~イお言葉をいただいてしまった。大ダイ中ダイラッシュの中の550gだからねえ、無理もない。私にも一度大物?が掛かったことがあった。55mでやや潮が緩んだ時である。スーッとしゃくった竿先が止められ、「しまった、根掛かり!」と思い、はずそうとして一旦竿を下げ中途半端に上げた途端にドラグの音と共にグググッと重量感のある反応が返ってきた。2、3回巻き上げて追い合わせを入れ、さらに2、3回巻いたら・・・・ばらしてしまった。中途半端な合わせであっても追い合わせを入れずに竿を立てて巻くべきだったか。あぁあ、いいところのない一日になってしまった。でも、右舷ミヨシ1番のYプロも良型カサゴだけだった?「プロでもこんな事あるんですか?」と話しかけると「しょっちゅうですよぉ。」と若者らしい爽やかな笑顔を返してくれた。
 いま水深は60~70mの深場。今回もきっと浅いだろうと勝手に決め込んでニットウの軽いテンヤ用の竿しか持参しなかったのが痛い!テンヤも超重の13号。それでも柔らかすぎる竿では底が判らない。そこで私は隠し玉を使用。深いうえに潮が速く、着底した後1回しゃくると次の着底は5mも糸を出さないといけない。そんなわけで左舷ミヨシ1番の私の仕掛けに艫の人達の仕掛けが度々からんできた。

 深場で激の付く速潮!こんな時の中りは着底と同時か着底直前のことが多い。そんなわけだから糸を延々と延ばすのではなくて、入れ換えをマメに繰り返す方が釣果に結び付くのだ。という新一船長のご指導でした。が、80mも90mも100mも巻き取るのは高齢者にはつらい!嗚呼、電動スピニングリールが欲しい!エッ、邪道?ハイハイ冗談ですよ。

付録・・・・大きいほうのタイは1.2㌔あります。でも・・・実は船長からの頂きものです。

備忘録

1、母・・・17日の月一診察日にCRPの超異常に抗菌剤500㎎が処方され、24日に診察予定日が設定された。
2、母・・・24日、CRPが下がらずに入院。今までとは違って4人部屋。個室代の経済負担は無し!
3、奥・・・パソコン教室の後母を見舞う。
4、私・・・1月末から3月は腰痛や風邪で寝こむ日が多く、花粉に悩まされる日が少なかったことと、外出しなかったことでカードの引き落とし額がナントなんと3万ちょい!この二つはうれしい!が、動き回れるようになったせいか、ここ2、3日は目の痒みと鼻水が止まらない。滾々と溢れ出る鼻水のために眠れず、今も15分おきに鼻をかんでいるありさまだ。脱水状態になりそう!
5、てんとう虫「富山湾、生け簀は天然に限る」から・・・富山ではウマズラをブランド売出し中とか。
6、私・・・焼き牡蠣に中てられた。水曜の昼過ぎ、母の介護が軽くなったというので開いた友人宅での焼き牡蠣パーテー。火を通せば大丈夫とばかりに10個もの殻つき牡蠣を食べた2時間後、襲ってきた脱力感の後、あっけなく吐してしまった。いつものことなので苦しくはなかったが・・・ぷりぷりの牡蠣がもったいなかった。友人は15個は食べていた。手の平大のホタテも2つ。ワイン1本にウイスキーはボトル半分(運転して帰る私はキリンフリー)。自重100㌔の健啖家である。9時過ぎまで男二人、柏餅をほおばりながら昔のことなどで盛り上がる。
7、今日・・・金太郎のお里帰りの日。ゆっくり出発して、夕方、母の見舞いの予定。妹たちは午前、午後、それぞれ見舞うらしい。妹たちはさておき、今回も私は退院まで毎日見舞うことになりそう。駐車料金の割引をしてほしい!ポイントカードでもいいんだけどねぇ・・・。
8、明日・・・ヤリ釣行か?桜タイか?不思議と海の上では鼻水もでないし眼も痒くはならない。ホントに不思議だ!気合かしら?

パラソルばっかり!だけど数が・・・でもね!

 しかし遠かった!月曜日午前4時半過ぎ、飯岡を旅立って、そこそこの船足でたっぷりと1時間半!どこを見ても陸は見えないし携帯は圏外!ここはいったいどこだろうか?
 「どうぞ」の船長の声で110メーターに送り込むと着底一発!ズン!といった中りに、まずは一杯と巻き上げるとパラソル級が2杯上がってきた。淡く透き通った飴色の美しいイケメン?イカメン?君だ。実に美味しそう!
 例によってサバ君が出てきて邪魔をする。メヌケのエサ用にキープするが、ほどほどにして直結に切り替えた。海上は凪で、直結の練習には願ってもない好条件なのだが、中りが・・・少ない。何杯か追釣したところでサバ君も姿を消したので再びブランコで確実に数を稼いだ。しかし、乗りが悪い。シャクリの回数も控えめにしてそれもそ~っとシャクリ、ステイを長くした方が乗るようだ。船長に「底?」と尋ねると「ウン、底。ベタ底。」という返事。度々お纏りしていたので中重りは外していた。幸丸の大型船に片舷6人で空いているのだがそれでも時々お纏りをしてしまう。仕方なく底をまめに取り直す形でひたすらツノをベタ底のヤリに送り込む。
 11時頃になって空が明るくなってくるとイカ君もやる気を出してくれたようで中りも増えて群れも浮いてきた。隣りの常連さんが35。私は20。ま、そんなもんですかね。でも全部がパラソルだったから十分な釣果だった。今期2回めのヤリイカだったが、前回のように手前纏りもなく、時間いっぱい釣りを楽しむことができた。
 そうそう、お隣の常連さんだが、イカを新聞紙で1回くるんでからビニール袋に入れていた。「出来るだけ水を残さない方が透明感を維持できるよ。レストランのシェフをしている友達のリクエストなんだ。もらうくせにあいつうるさくて。」と笑いながら訳を教えてくださった。ヨシ、次回は新聞紙持参で試してみようと思う。ハイ、遊ぶことと美味しいことにはマメなんです。

体慣らし

 20150313114504
 ちょうど1週間くすぶっていたことになる。この間、一滴の酒も飲まずに養生に専念した。まだ本調子ではないが、いつまでもパジャマ姿では死ぬまで病人のままになってしまいそうだ。そこで、金太郎と奥の3人で白子の桜を見に行ってきた。あでやかなピンクが雲一つない青空にそれはよく映えていた。例によって、金太郎は褒められたり、撫でられたりして人気者だった。遊歩道以外は抱いていたので病み上がりの腕にはかなり応えた。これでは中ダイも上げられないだろう。
 古民家食堂でお昼を食べたが、奥の頼んだアジのナメロウは美味しかった。アジも生きの良いものだった。セグロイワシの天ぷらは3人前もサービスしてくれた。
 その後は東金の植木市場に回り、欲しかった日陰ツツジを探したが入荷していなかった。入荷する先から掃けてしまうらしい。たびたび足を運ばないと入手は困難なようだ。大原の帰りには足を運ぶことにしよう。

今日の大原は貧果に終わったようだ。原因は低水温らしいが、南が吹くとなぜか水温が下がってしまう。南なら温かくなりそうなものなのだが…。なぜだろう?

風邪が抜けない!

 ヤリに行く前夜、得体のしれない倦怠感と言うか脱力感に襲われたことは書いたが、とうとう土曜からは寝込んでしまった。熱は7度台。微熱だが、乾いた咳も出始めて苦しいことこの上ない。この歳で喘息もないものをと恨めしくなってしまった。
 日曜も寝込んでいた。食欲も殆んど0状態!水分だけは無理をして飲み込んだ。
 月曜にはかかりつけのクリニックで診察を受けた。幸いインフルエンザ等の悪性の病ではなかった。が、薬はたっぷりと処方された。驚いたのは咳止めのシロップ。これ1本で1週間効果が持続するらしい。
 間もなく1週間になるが、まだ7度弱の微熱と倦怠感が抜けない。寝ても寝てもそれでも眠り足りない感じだ。まあ、時化ていることだし、焦ることはない。良いことも一つ、それは足のむくみが全くなくなったことだ。早く海に出て旨い魚で美味い酒が飲みたい。

今期初めてのヤリ!

 5日の昼下がり、長岡丸に電話を入れると最後の一人だとか。これは吉兆ー残り物には福があるーと支度のチェックをしながらも気分は早くも海の上。が、暗くなってから何やら訳の分からぬ倦怠感が・・・。夕食後に床にもぐりこむが、日にちが変わるころ寝汗をかいて下着を取り替えて再び寝床に入った。
 現着してみると鹿島港はかなりの北風だ。出港の是非を検討した結果、30分遅れで河岸払いとなった。波は大したことはないらしく、かなりのスピードでポイントに向かう。それでもパラソル級の良型が期待できるポイントにはたどり着けず130mで実釣開始となった。予定通り、中型のヤリイカが次々と上がってきた。最大で5点掛け。単発は2回だけ。それなのに・・・釣果は36杯だった。理由は手前纏り!頭は51杯だった。
 反省点   今季初めてのやり釣行で、イカを入れる袋を忘れてしまった(仕方なく水氷を作りその中に放り込んだ)。
        
たった7本鉤だったというのに最後の5、6、7本目で手前祭りを繰り返してしまった。解くのに無駄な時間を要し、実釣時間が少なくなった。
        
棚が絞り込めなかった。63mで仕掛けが止められて、てっきりスルメかと思ったら全部がヤリ!こりゃ手返しが良くていいぞと喜んで次を                送り込むと中りはなく、次の中りは110m。でもこれも多点掛け。次は中りが来ず、底まで落として、セオリー通りにゆったりと誘って乗せた。

サバはさほどではなかった。メヌケのエサ用は死んでから水氷に入れたが、〆サバ用は血抜きまではした。が、内臓を取らなかった。結果、アニサキスが内臓から身の方へ移動してしまったことだろう。

巻き上げスピードが遅すぎた。多点掛けしているときは竿がしなっているのでばれにくい。単発なら12~13だが、多点掛けしている時は
15でよかっただろう。速い分だけ手返しが良くなる。
 

可愛いんだけれど・・・・

20150303084423 免許の更新で、孫をあづかることになった今朝、7時過ぎにピンポンが鳴り、孫が来た。まもなく9ヶ月になる彼の体重は9キロ超、10キロ弱!その重いこと重いこと!寝かせると泣くので奥と二人、交互に抱いて寝かしつけた。眠ると頭をのけぞらせるので、さらに重くなる。これだもの、母の腕はポパイのようになるんだよね。寝顔は・・・紛いもない天使!願わくばもうちょっと若いうちに生まれてきてほしかった。
 母親が帰ってきたのは12時過ぎ。こんなにも長い時間?母子が離れたのは初めてだとか!ウム~、独り立ちできない子供のことが話題になるが、親もまた子の発達に合わせた子離れが徐々にできないといけない。私?勿論長男が生まれたその時から子離れしていましたよ。三楽に産後の見舞いに出かけたのはお姑さんに「大石さんにそっくりですから・・・。」と促されてからだった。ブログにも書いたことだけれど、ほとんど子育てはしなかった。土日はRCに行き、RCに見切りをつけたあとは射撃場通いで、花やしきも動物公園も上野動物園もマザー牧場もデズニーランドも後楽園球場も・・○○も・・△△も・・□□も・・・全て奥が二児を連れていきました。はい、ほとんど一人親家庭でした。反面教師だったらしく、長男は愛犬お蕎麦も含めて家族をとても大切にしている。若いあなた、良かったら参考にしてほしい。 
 お嫁さんに持たせる魚が無かったので、畑の野菜を持たせた。孫が食べることを予想して、キャベツとダイコンは9月末に消毒しただけ。ホウレンソウも小松菜も完全無農薬。ブログ「コナツとジイジ」に孫を度々載せてくれるチビ子さんにも1セット用意して持たせた。

明日は!明日は?明日は・・・・

20150301203803 土曜の午後、混んでることは覚悟で電話を入れるとすでに長岡丸のヤリイカ船は満席!女将と「2時間走るんですよぉ。」「北?」「南です。飯岡の船と一緒なので、大石さんなら飯岡の方がいいですよ。」とやり取りをして電話を切った。機先を削がれた形になり、日曜は畑にヌカや燻炭、苦土石灰を撒いて耕し、春野菜の準備をして過ごした。
 今日月曜日、明日こそ行くぞと意気込んで直結仕掛けを作っていると奥の「明日は楽ちゃんを預かる日ですよ。お義母さんをトイレに連れて行く間、誰が面倒を見るんですか?」と言う声が頭の上から降ってきた。最近ではつかまり立ちが出来るようになった孫の這うスピードはかなりなもの。少しの間も目を離せない。意気消沈して道具をしまう私を「もう仕舞うの?」と金太郎は下から見上げていた。「そう、しまうんだよ。明日はお前もお相手をするんだよ。」と伝えたが・・・・解んないだろうねぇ、君には。明日はそのちっちゃな耳を引っ張られるかもしれないよ。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ