暗中模索、五里霧中、七転八倒の釣り日誌

多趣味な世捨て人が、釣りを中心に幅広く、無責任な独断を掲載。

2015年11月

最近の夜の金太郎

07310003

MVC-009S

 明け方、金太郎が起こしに来たような…気がしたが、手で適当にあしらったような・・・気がしたが引き続き就寝。5時過ぎに起きてみるとふすまが細くあけられていて金太郎の姿はない。奥が起きて開けてあげたのだろう。きっと1階だろうと思っていると階段の照明がついて上がってきた。「みゃぁ~」と鳴いて近寄ってきたがご飯をねだるでもなくすぐに奥の椅子に乗って丸くなった。

 今までは奥を起こしに行ったのだがどうした風の吹き回しか、最近は私を起こしに来る。夜行性宜しく、午前3時だったり4時だったり。でも起き上がってご飯をあげたり、ふすまを開けてあげたりするのは今までと同じで奥。

 思えば、エル(ブログの背景になっている日本猫)は2時間おきに私たちを起こしてご飯をねだった。たくさん食べさせるとどんぶり1杯くらい吐いてしまうので(吐いた後は自宅で私が点滴をしていた)、少量ずつを回数多くあげていたのだ。二人とも現役だったころは朝、実家に送ってゆき夜まで父や母に面倒をお願いしていた。私が早期退職した後は専ら私と一緒にいたが、夜は奥と私の間に入り、奥の腕を枕にして寝ていた。08122日のお昼に12歳で亡くなったあとはペットロス?というのかしばらくの間、立ち上げれなかった。年賀状の返事も出さなかったので、七七忌の後に挨拶状を出したのだった。お骨は今も仏壇の下にあるが、一部は鍵の束につけたキーホルダーに入れてあり、常に私と一緒にいる。毎朝名を呼び元気だったころのエピソードを思い出しながら鈴を鳴らしている。さて、今日は鹿島釣行。エル、たくさん釣らしてね。

  

明日は鹿島へ

 明日は鹿島の午後船でタイを狙うことになった。

 萬栄丸のムツは満船、ヒラメはまる3日寝かせた後、今日の昼でやっと食べつくしたばかり。ヒラメも1枚は孫へ届け、一作ずつ奥の実家とお向かいさんに届けたので実際には半尾なのだが、爺婆には十分すぎた。薄くそいで黒コショウとニンニクとオリーブオイルに漬け、畑のミズナとサンチュで作ったカルパッチョが美味かった。

 タイはあの3段引きが釣り師を魅了する。タイ狙いだからマダイは当然だが、多彩な外道も楽しみのひとつだ。大原では石鯛が出ていたが、さて明日のゲストはどんな魚だろうか。奥はタイよりも外道が楽しみらしい。美味しいゲストが釣れてくれると良いのだが、釣果は如何に!

久しぶりにお湿りが


20151030144239 久しぶりの雨。いいもんですね。昨日まではホウレンソウや小松菜、高菜の苗に水をかけていたが、それもしばらくはしなくて良さそうだ。自然の雨とはすごいもので、毎日そこそこの時間をかけて撒いた水とは比べようもないほどの水量だ。苗の植わっている畝だけだと周りの乾いた畑土に吸い取られてしまうが、雨は畑全面に潤いを振り巻いてくれるので、土は何日も湿り気に満ちている。自然って有り難いですね。

 

 昨日は今日の雨を見越して庭の白萩の枝や小梅の枝を整理した。その時、蝋梅の小さな固い蕾を見つけた。毎年のようにきっと元旦に咲いてくれるだろう。蝋梅の下の日陰で吉祥草の花を見つけた。何年か前、おそらく4年?ほど前に植えたものだ。可愛いが小さな花なので、見落としていた。たまにでも草取りをしていたらもっと早く見つけてやれたのに。隣のニシキギの紅葉はまだだが、赤い小さな実を見つけた。紅葉してしまったら葉の赤に溶け込んで、これまた見つけることはできなかったろう。ちょっと立ち止まって見渡してみると普段見落としていた生きのいい?新鮮で小さな命に気付く自分が少しだけ誇らしい。 

 

初めての船宿

9日は釣りクラブのヒラメ釣り釣行の日。宿は飯岡港・潮丸。初めての船宿で、システムやルール等皆目わからない。勿論HPは目を通すけれども、細かなことは書いてない。錘は5070号と幹事からの知らせには書いてあったが、50号ならライトタックル?道糸(HPには4号と書いてある)は細め?昨日はコマセ鯛五目で出て、ヒラメの人も同乗させるようなHPの記事だが席は船上にクーラーを置くシステムらしい。混在してお纏りのはないのだろうか?鰯をすくう小網はあるのだろうか?氷はいつもらえるのだろうか?探検丸搭載船だが、スイッチは入れて釣らせるのだろうか?

木曜にヒラメで乗った鈴栄丸もフグが専門で、あとは沖もの。リクエストを受けてのヒラメだから、鰯をすくう小網はない。自分で用意しないと樽に移したイワシは手ですくうことになる。時に100mも狙うので電動が標準仕様となる。

根の荒いところや超浅場を流す明広丸は探検丸を入れっぱなしなので水深の変化や大岩の出現が直前にわかるけれど、スイッチを入れてくれと頼むと面倒がる船宿もある。平坦な海底を流す船宿に多いのは根掛かりが少ないからだろう。潮丸はどちらだろうか?

初めての釣り宿、期待もあるけれど、不安の方が大きいのは心配性な性格のため?

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ