まだ初釣りに行けないでいる。なぜ、タイにこだわるのか? 
 タイなぞ素人に釣れるものではないと私は思っていた。それを可能にしたのは、一つテンヤに他ならない!わたしにも鯛が釣れる!一つテンヤなら!
 なぜ、タイ釣りにそんなに魅力を持つようになったのか?それは、タイの海底に向かって引き込むあの引きであった。3段引きとよく言われるが、竿を満月に絞り込み、釣り師をドキドキさせ、やがて海面に姿を現した時のあの美しい桜色!
 初めて中ダイを釣り上げたのは、イサキ釣りの外道としてだった。
 太東の海鷹丸で、イサキ釣りに出ていて、沖上りも近いのでしまおうかと思っていたその時、いい中りで、仕掛けを切られた。これで今日はおしまいとなおさら思ったのだが、まあ、仕掛けもあることだしと、新しい1.5号の仕掛けを付けて、送り込んだ。すると、またもいい中り!すっと竿を立て、巻きに移る。途中、キュキューンと真下に絞り込む。帰ろうと思っていた時なので、妙に余裕がある。絞り込まれると竿を立てて耐える!弱まると巻く!この繰り返しをしていると、仲乗りさんで乗っていた船長の弟さんがタモを持ってそばに来てくれた。「なんだと思う?鯛かもよ。」と言いながら、慎重に巻き上げてくると(この時はやけに落ち着いていたのを覚えている)、桃色の魚体が浮かんだ。無事タモに収まった真鯛は1.5㌔!この時、タイ釣りは面白いと知ってしまった。しかし、タイ専門には、まだ、素人に敷居は高いと決め込んでいた。当時はこませ鯛主流で、テーパー仕掛けだの、フロートパイプだのと訳の分からない文字が躍っていた。それでも、「タイは面白い!タイを釣りたい!」と思った。海鷹のHPにタイの釣果が載るようになり、思い切って海鷹丸の船長に仕掛けや竿、リールを教えてもらい、以来、一つテンヤにはまってしまったというわけである。
 いつまでも初釣りをタイにこだわっていると、海に出られそうにない!ヒラメは寒そうだから、体を動かすフグかイサキ、アジにでも行こうかなと考えている。