金太郎
 昨日、今年になって初めてのタイ釣行に行ってきた。結果は放流サイズ3枚とアヤメカサゴ1!掛け損ないと言うか、バラシ?多数。魚はいる!
 朝4時半に港に入ると、係留してある船がかなり揺れている。沖はそうとう吹いていそうだ。
 5時に船長が来て出船。岩船と言うよりは岩和田沖65メータで釣り開始。風もあり、波やうねりもあり、おまけに潮が速い。そこで、新しく買った上州屋の230に8号カブラを付けて投入。竿先のかなり固い竿で、面白みに欠けるが10号でも12号でも背負わせることができそうな感じがした。真冬の70メータとか80メータとかで使うつもりなので、それはそれで役に立つのかな?竿先が固いので、2号のハリスより2.5号とか思い切って3号のほうが安全かもしれない。
 途中から㐂栄丸255にチェンジして、ビンビンテンヤ8号を付けた。早潮で、しかも、すぐに船下に潜り込むので8号のタングステンを選んだのだ。テンヤを重くして且つ、タングステンで体積を小さくして早く落とそうという魂胆だ。途中糸の出が止まったり、底で中りが有ったりしたのだがなんとなく合わない!㐂栄丸には8号は相性が悪い?この日は鳥山が立っていて、かなり上から魚の反応が出ているみたいだった(探検丸は電波を出せなかった)。
 途中、根掛かりかと思って竿を立て、糸を引き寄せ道糸をつかもうとしたらなんと、ググーッときた!あわてて垂直にまでたてた竿を天に向かって突出し合わせを入れたがダメだった。あとで船長から糸をつかんではだめなのさと諭された。根拠はないのだが、糸をつかんで引いたほうがテンヤの回収率が高いように思えるのだ。貧しい年金生活者の性である。後半潮も落ち着いてきて、㐂栄丸5号テンヤに替えてタイ初釣りを楽しんだ。5号はいつもの㐂栄丸調子だったことは言うまでもない。3号もつけてみたが、まだ潮が速く、私の腕では3号は無理だった。昨日の午後や、今日あたりは潮も緩んで釣果が期待できそうである。海面に短く細い緑色の藻が浮いていて、これが道糸に絡みつき、糸の出を非常に悪くした。潮上にキャストしても糸が出ない。帰宅してからこの藻を剥すのには3時間もかかってしまった。朝は2時起きだったこともあり、おまけに貧果ということで疲労困憊な一日となった。今日は墓参り。明日は射撃倶楽部の月例会。明後日は金太郎(スコティッシュフォールド種・オス・3歳)を秦野の次男宅に送り届けることになっている。来週も火木金は母の通院やら仕事やらが予定されている。しばらくはリベンジに行けそうもないなぁ。