20120520074119
 昨日言ったようにやはり飯岡の模様が上向きのようだ。明日も良い釣果が期待できそうだ。が、奥の居ない明日も私一人で母の世話!明後日まで海がもつだろうか?
 今日は母の世話の合間、合間に畑に通い、ハウスの中のブドウのつるを整理して脇芽を摘んだり、とうもろこしの芽を間引いたりした。ナスやトマト、ピーマンの苗の茎は太く、葉は緑が濃くたくましくなってきている。最後まで残っていたゴーヤの苗も植えた。まだ6株残っている春キャベツを収穫すれば、キャベツの植わっていた畝に水ナスかオクラでも植えようかと思っている。
 思えば昨年、ナスは近年にないほどの良い出来だった。が、例の放射能で、ご近所に配るわけにもいかず、食べきれない分はもいで畑に捨てるしかなかった。切ない思いをした。ナスには申し訳ないと思った。キャベツもそうだ。冷蔵庫には配るわけにはいかない9個のキャベツが入っている。そんなわけで、わが家は毎朝毎晩、昼食にも山盛りのキャベツ料理が食卓に出る。もう捨てたくない。
 ハウスでは毎朝2~3本のキュウリが採れる。こちらはハウスなので安心している。もう少し木が育つと、毎朝10本近い収穫があるだろう。お世話になっているご近所に配ることができるのもあと少しだ。垣根のバラもサハラが見ごろになってきた。タイも野菜も木々も生き生きと今を生きている。21日は小満。旧暦の4月1日である。