昨日、所属する釣りクラブの例会で、金沢八景米元丸アジ釣りに行ってきた。アジ30匹とデカさば2本、良い型のイシモチ1匹。多分頭…かな?米元丸を舫っている所も海の色が真っカッカ!船長の話だとプランクトンらしいとのことだった。いつぞやは貝類が全滅してその腐臭でマイッタとか!「沖まで?」と聞くと「はい。猿島あたりまではこの色でしょう。」という返事が返ってきた。すかさずイソメを購入した。澄潮対策で1.5号の仕掛けも作ってきたのだが、この色では出番はなさそうである。
 約束の7時半になっても一人到着しない。道が混んでいるらしい。私は、海底トンネルをいくつもこえるので、5時には家を出て、6時過ぎには駐車場に着けるようにしている。20分ほど遅れてようやく出船となった。
 無風ベタ凪!スミトモドッグ前水深18メータで第一投。こんな色の海中で、エサが見えるのだろうかと心配したが、まずは一匹目を釣り上げ、「はい、型が出ましたよ。」というアナウンスを受けた。ちなみに私のタックルは極鋭マルチ195に40号のビシ。リールはシーボーグ150に1.5号の道糸。道糸の先には5号のナイロンを2メータ繋いでいる。いわゆるライトタックルに入るのかな。従来は130号?のビシを使っている船宿だったが、最近ライトもOKとなった。船宿のレンタルビシは30号である。この、ライト、数を釣るというよりも、1匹の引きを楽しむ釣りと言ってよいのではないだろうか。195マルチは7:3調子というが、40号のビシをぶら下げると6:4調子。魚がかかった時はタイ竿のようにしなる。大サバをかけた時は竿先が海中に向かって突っ込んだ。
 船長の指示棚は2メータ。金谷港勘次郎丸だと3メータ。2メータでは赤い魚が釣れてしまうという。東京湾の西と東で1メータの差?昨日は指示通りに2メータで中りが多かった。中りが少なくなると4、5メータまで探ってはみたけれど。
 入れ喰いを繰り返して沖上りの2時を迎えた。5月2日の金谷沖(金鯵、大漁)とは違って20センチ前後、中には16センチぐらいも混じった。しかし、小さくとも体高のある太った金色に輝く実に綺麗な、そして美味しそうな江戸前のアジだった。夕べは鯵としめサバの握りずしを奥が作ってくれた。気管支炎で、食欲の落ちている母も、私たちと同じ10貫を平らげ満足そうであった。今夜はアジフライのはずである。時間があるので、ビシの目の調整をしよう。勘次郎丸には合わせてあるのだが、米元丸のミンチにはチョイ目が細かいようだ。そんなコンナを考慮すれば、船宿のビシを借りるのが一番なのだが、私のビシ、50号の鉛部分を切断し、40号にしたものだ。市販の40号より容積が大きいので、1回の投入で回数多く棚を探ることができる利点がある。パラパラとコマセを落としながら長い時間棚にとどまらせることもできる。まあ、正直に言えば横着なのである。
 目を大きくしてしまった後、勘次郎に乗るときは、アルミの細い針金で芽をつぶしたり、シャクリをゆっくりにしたりしてコマセの出る量を調節する。あるいは、ビシを棚にとどまらせている間にも船の揺れにあわせてパラパラとコマセがこぼれ落ちるので、ステイを長くするというのも一つの手である。