あすから海は凪ぎそうだ。が、私はいけない。奥が実母の介護に毎週、今日から日曜まで行ってしまうから。それでなくとも、妹に頼むことができたり、奥の日程がずれたりしても土日は避けてきた。現職中は平日は無論のことだが、土日でも様々な地域行事などに出席することが多く、釣りには行くことができなかった。何度か書いてきたが、そんなわけで土日は現職の人に譲りたいと思うのだ。
 あすからは海は凪ぎそうだ。海水温も安定していて、潮も適度に流れ、何を狙っても釣果が期待できるだろう。飯岡港幸丸のヒラメも釣れている。
 一昨年だったか、佐藤船長の時、ダントツで7枚を釣り上げ頭になったことがある。しかし、である。7枚が7枚ともソゲクラス。最後の方はタモ取りを断る私を船長も笑っていた。あの時は捨て糸をうんと短くしていたのが敗因だったと思う。食いはよかったのだから、少し上に棚を設定すべきだった。小さいヒラメほど貪欲にエサを追う(魚だけではない。野鳥でも、スズメのように小さい鳥ほどエネルギー効率から警戒心もなく常に餌を追う。)。結果、低い棚ではソゲにたかられてしまうのだろう。棚が高ければ、大きなヒラメほど一気に舞いあがってエサを捕食する。海の状況や海底の状況を想像し、合わせて魚の活性を見切り、待ちやさそいだけでなく仕掛けも工夫する。なんと、釣りの奥深く面白いことだろうか!
 月曜日も奥の通院日。釣行は火曜日になりそうだ。果たして天気がもつのだろうか?