大原が思わしくないようなので(底荒れか?)、急遽、鹿島の長岡丸のフグに予約を入れた。最初、数多ある船宿から長岡丸を選んだのは、何のことはない、大学が新潟だったので、長岡という響きが懐かしかったというわけである。でも、大船長も、若船長も、中乗りさんも、そして女将さんも人柄が良く、気持ちの良い対応をしてくれる。てなことで、鹿島では長岡丸に乗ることが多い。
 5時、ヒラメは長岡丸と大宝丸の2隻出し。フグは第三長岡丸に4人を載せて河岸払い。が、その前にちょっとした事故?があった。係留してあるヒラメ船からフグ船に乗り移った時に、何やら落下物が!ナ、ナント、私のミリオネア100が竿から外れて海底に向かって…!1号の糸を100メートル、両手で巻き取りミリオネアを釣り上げた。受付の真水で一応洗い、竿には予備のシマノの小船を装着した。急遽フグに決定したことで、リールの固定が甘かったらしい。まあ、良い経験をした。皆さんも、ご注意あれ。ミリオネアだが、ダイワへの送り出しは昨日で終了し、来年になるとかいう話なので、自宅で改めて水洗いをした後陰干しをすることにした。年が明けたらダイワでオーバホールをしてもらうつもりだ。
 第三長岡丸は40分ほど北上して実釣開始となった。今日は群れが小さい、入れ掛かりはないなぁと大船長はぼやくが、入れ掛かりのようにして良型フグが竿を絞る。8匹を釣り上げたところで潮回り。艫の釣り師が合わせ方を聞きに来たが、数多く釣るにはまめな空合わせを助言した。あなたは違うようだがと尋ねて来るので、小幅にスッと誘いー中りを出しー合わせを入れるという私の釣り方もお話しした。でもこの方、大きなマゴチは釣るは、良型のイシガレイは何枚も釣るはで羨ましいほどだった。
 終わってみれば53匹。頭は69匹だったとか。53匹でも良型フグばかりだったし、誘いの後の中りへの合わせも決まったし、まあ、満足だった。が、掛け損ないが何度かあったのは何とも腑に落ちない。根掛かり」の後は鉤先を確認して研いだし、広がった鉤先の修正もした。鉤軸に向かって入り込んだカットウは膨らんだフグを外すのが一苦労なので、ナチュラルなカットウ鉤を好んで使っているが、それが良くなかったのか?竿を立て、ポンピングは入れないでできうる限り早く巻いたつもりだが、それが甘かったのか?多寡が釣りだが、課題は尽きない。