天気図やら波予想やらを見ていたら、なんとなく凪そうな様子なので、新幸丸に予約を入れた。12時まで眠れず、やっと寝たかと思えば2時に目が覚めてしまい、集合時刻の1時間も前に大原に着いた。いつものように右舷ミヨシ1番にクーラーを置いて釣り座を確保した。たまにはトモで釣ってみたいと思うのだが、今朝もすでにクーラーが置かれていた。5時半?河岸払い。
 キャビンで寝ていたら、スローダウン!太東の沖合らしい。早速4番カブラを送り込むとタイの中りがあり、手のひら大を釣り上げた。が、何となく気持ちが悪い。船酔いらしい。背中や二の腕、腿や足の裏にホッカイロ10枚を張ってきたが、体が熱くて暑くて…。現金なもので釣れ始めたら船酔いも治まってきた。釣果だが小鯛が10枚。あまりに小さなタイ1枚は再び太東沖の海へ。大きなウマズラも4枚。小さなものはお帰り願ったが、船長によると大きなものは800円ぐらいするらしい。肝和えにするとうまそうだ。エラを切って血抜きを忘れない。
 朝まずめ、中りに合わせを入れた途端にフッと軽くなり4号カブラをロストしてしまった。カブラごと呑みこまれ、歯が当たって切れたのかもしれない。とすると大ダイ?以後2号カブラに変え、ゆっくり落とすようにした。今日の釣果のほとんどは2号カブラの釣果である。探検丸に反応が出てくると潮回りを繰り返すのは、どうも、JRA(ウマズラ)の反応らしい。
 大きく潮回りをしていると、空には雲一つないのに急に風が強まってきた。太東にだいぶ近づいたポイントで釣り再開となったが、波も高く、立っていられない程である。風はますます強くなり、波頭は白く崩れて、ウサギだらけになってしまった。黒雲もないのにどうして強風が吹き荒れるのだろうか?竿先もびりびりと震え、糸はふけ、中りが取れない。底は、ブログに書いたように(「待望の午後船だったが」)水深+αを繰り返して何とか底付近にカブラを送り込んでいるはずなのだが。その証拠に、エサがかじられている。エサを付け替えた時に、強風下での釣り方を船長に聞きに行った。そこで教えていただいた釣り方を皆さんにもお教えしましょう。まずテンヤだが、2号からやや重い5号に替える。テンヤを送り込んだら竿先を下げて、波に近づけて道糸の受ける風の影響をできるだけ躱す。道糸はピンと張って中りを取りやすくする。シャクリはマメに入れる。あとは・・・・何だったか…(思い出したらまた書きます)。ともかくこれらを実行したら、20センチ強のチビハタをたちまち釣り上げてしまった。これもリリース。風はますます強くなり、11時、納竿となった。キープ9枚でも頭だったようだ。でも、9枚とも小さくて、尾頭付きでから揚げかな。刺身はちょっと無理だろうなぁ。