20130226061328  昨日、鹿島港・長岡丸でヤリイカを楽しんできた。最後の一流しまでは単発で数は伸びなかったけれど、凪の海、練習のつもりで直結を通した。その結果、取り込みのコツの様なものを得ることができた。ものの本などには「決して緩めないで取り込む」と書いてあるが、自分では緩めていないつもりなのだが前半はバラシの連続だった。いろいろと試行錯誤を繰り返したがそれでもせいぜい1杯しか取り込めず、ブランコにしようかと途中では思ったほどであった。直結を通した末に会得したことが2つ!その1、仕掛けまで巻き上げたら竿掛けには掛けない。竿は座席に直接置く。その時、竿先は海面につくほど下げておくことだ。そして、竿先を持ち上げながら幹糸を下の方、身を乗り出してできるだけ海面に近い所でつかむ。その2、つかんだ幹糸を大きく身を反らせるようにして空に突き上げながら空いている手で幹糸を下の方でつかむ。この時もできるだけ海面に近いところをつかむ。つかんだら、また、身を反らせて空に付き上げるようにして仕掛けを手繰る。このように取り込めば、ヒトヒロずつ取り込むことになる。イカが掛かっていてもいなくても、後ろにどんどんと投げる。重りを回収したら掛かっていたイカは樽に入れる。この後、船上が混んでいたら、お祭りを防ぐために投入器に入れて遠くに投げ入れる。空いているようだったら直で落とすが、直結ではほとんど手前祭りはない!と言うわけで26日の長岡丸船上での収穫は大きかった。次回の釣行が楽しみだ。
 一度だけ、可哀そうなことをしてしまった。それは、触手を身切れさせてしまったことだ。おそらくそのイカは飢え死にすることだろう。海の中ではそうそう度々エサの小魚に巡り合えるとは思われない。ならば1本の触手で上手に捕らえることが出来るようになるとは考えられないからである。