昨日は0時半に起きて大原港鈴栄丸に。着いてみたらミヨシしか空いていない。皆さん相当早く来ているようだ。あとで聞いたら前日から来ていた方もいた。早くそろったので、3時半に河岸払いして南のポイントを目指す。凪のようだが、うねりがきつく、度々バウを波頭に突っ込んでいる。ミヨシ1番なので、竿やリールも甲板に打ちつけられているのではないかと心配になる。途中船が止まったので起きだすと、また走り始めた。潮流系で潮をみていたようで、この時4.2ノットだったらしい。4ノットもあったら500号でも底に落ちるかわからない。2時間半走ってようやく新しいポイントで釣り開始となった。が、中りが来ない。「上げてください。」の合図で上げ始めた時、隣の方がスローで上げ始めた。しかし、残念ながらこれは大きなシャークだった。
 ポイントを替えながら仕掛けを送り込むが、本命の中りはない。ようやく小さなあたりで巻き始めるとお祭りしながら小さな赤い魚体が上がってきた。それが海面で針から外れ、海上を漂っている。小さいけれど高級魚赤ムツだ!全員が巻き上げたところで船を回し、無事救助?することができた。小さいけれど、キロ9000円はする超高級魚である。脂ののった甘い魚である。そのあとまた350メーターのところで中り!今度ははるかに大きいようだ。送り込もうか上げようかと迷ったが、まずは1匹と決めて巻き上げた。その途中も抗う魚からの魚信が絶え間なく続いている。残り50メーターになっても引くので、アコウではないとあきらめたが、上がってきたのは1.6キロ(帰宅後検量。鈴栄丸のHPには1キロと載っている)の立派な赤ムツだった。船長も「こりゃすげぇや、めったにないよ、このサイズは。」と喜んでくれた。明日には写真をUPしたい。 
 その後船長が5キロ弱?のアコウを釣り上げたが、私たちには中りが訪れることもなく沖上りとなった。帰りは潮に逆らって走り、たっぷり3時間かかった。ヤリイカもタイもフグも私に来い来いとラブコールを送ってくるが、もう一度提灯行列を達成したい!
 根掛かりで重りをロストしてしまったが、捨て糸の用意がなく困った。リーダー用の60号、捨て糸用の20号、14号を結んだ交換用替え鉤数本は持参すべきだった。
 
 30分ほど前から急に雨風が強くなった。緩急が顕著で、まさに台風そのものだ。ハウスも完全に閉め、飛びそうなものは片づけてはきたが早くいってほしい。海が落ち着くのはいつになるやら。