この日はフィールド射撃の県大会に出場する市の代表選手4名が参加していたが、結果は4位。3組目だったので、スキートからのスタートだった。最初は20枚中15枚を割ることができまあまあのスタートだった。続けて第2シリーズを撃つが、なんと10枚!1番プール(向かって左の放出塔)で?と思ったがクレーがブルブルって感じで飛んで行ったので当たったと確信した。が、気になって仕方がない。リズムが狂い、終わってみれば10枚だったというわけだ。5番、6番のマーク(右の放出塔)ではクレーがまっすぐに逃げていくように見えて、そのために銃が止まってしまい外してしまった。1番プールと7番マーク以外はクレーが切れて飛ぶのでフォロースルーが必要なのだ。解っているのに・・・・。
 5メーターダブルトラップでは初矢のチョークをスキートにして早く撃つようにし、二の矢はハーフチョークにして逃げていくクレーが上昇から下降に移るところをよく狙って撃つようにした。これが正解で、40枚中35枚を割ることができた。当日は風があったが、ブローの時は風が弱まるまで待って撃った(ちょっとずるいかも?ライフル射撃では常識なのだが)。10メータートラップでは初矢をハーフチョークにしてよく狙って撃つようにした。結果、初矢で13枚、二の矢で2枚の15枚を割ることができた。腰が痛かったり、腕が重かったりしたが落ち着いて撃つことができ、良い成績だった。いつもこうだと言うことはないのだが…。