今年になって21回目の釣行は24日の金曜日、鹿島幸栄丸のヤリイカ。鹿島と言っても、ポイントは波崎沖のようで、鹿島港から西へ1時間かかった。ポイントには飯岡はじめ大洗、那珂湊の船までもがすでに集まっていた。遠くからくるそれらの船は11時や11時半には港に向かって帰港していったが。
 サッカーができそうな凪の海だった。空には雲一つない。風はないが、オスは沖干しにしようとの目論見だったから、竹串や大きい鋏を船べりに並べて実釣開始となった。開いたイカをストックするために100金で買い求めた長方形のプラケースもスタンバイさせた。しかし、乗りが悪い。いつものこと、そのうちに怒涛のごとき入れ乗りが始まるだろうと期待したが、中々期待通りとはいかない。澄みきった海からそれでもポツポツと大きなオスが上がり始めるが、右舷でしか乗らなかったり、艫でしか乗らなかったりと安定しない。しかもムギが半分という模様が続いた。棟梁や長男に活きイカパックを予定していたので、小さなメスはクーラーに入れ、大きなオスは中乗りさんに渡してカメにストックしてもらった。それにしても乗りがシブい。
 11時になったが45杯?で半分以上はムギである。数を増やそうと11時に直結に替えた。すると狙い通り、空振り無しで乗り始めた。ブランコよりも速いスピードで巻き上げ、船べり停止が働く直前には竿先を海面まで下げ、停止後ただちに竿先を上げながら幹糸を海面近くでつかみ取り込んだ。波もうねりもないので落ち着いて取り込むことができた。透き通った海にイカの白い影を4つ、5つと数えることができたが、これ全部ムギ!隣の方とお祭りしたときも船長がキャビンから飛び出してきて取り込みを手伝ってくれたのでロスは少なかったのだが、ムギばかりではねぇ…。結局竹串の出番はなかった。中乗りさんには「70かなぁ。」と申告したが65だった。しかし半分?以上、いやいや大半はムギであった。夕方長男が受け取りに来たが、2杯入りの活きイカパックの他にはムギを12杯、ヤリを2杯持たせてあげた。夜には「活きイカは別物だね。」とうれしいメールが届いた。ヤリは来週までお預けかな?来週ならそろそろタイかな?フグかな?いろいろと考えながら
仕掛けを作るのも楽しい!