昨日、新幸丸に乗ってきた。釣果は350gから700gのタイ8枚に花ダイ1、JRA4匹、ショウサイフグ9に赤目フグが1だった。 
 3時50分に河岸払いして太東沖、12メータへ。第1投で500g弱のマダイを釣り上げ、坊主解消となった。が、その後が良くない。もぞもぞというかかコツコツコツコツというか、タイの中りではない中りが続き、貴重なサルエビが今までにないスピードで減っていく。ミヨシの人がショウサイフグを釣り上げた。そのうち私も良い型のフグを釣り上げることができた。そうかそうか、やっぱり君だったのねと、これはこれで美味しいゲストなのだが。それにしてもフグの猛攻にうんざりしてしまう。フグを避けようとして底を切ると今度はウマズラの攻撃だ。フグを避け、ウマを避け、何とかタイにたどり着きたいと思うのだが・・・・。悪戦苦闘していると、見かねた船長の「大石さん、悩まない悩まない!フグとタイは混じっているからね。」とのアドバイスがあった。続けて「この深さだと、魚を選べないから。」と、ダメ出しが。ならばとすべての中りに合わせを入れるようにした結果がにぎやかな釣果になった次第。浅場でのリーダーの長さを聞いてみると「3メーターでいいね、2メーターでもいいかも。」という答えだった。5メーター近いリーダーを二尋にし、沖上りの11時過ぎまで浅場の秋ダイを楽しんだ。浅いところで8メーター、深いところで17メーター。潮も行ってなかったようで使ったテンヤは、2号のカブラと同テンヤだった。朝のうちは蛍光グリーンを使い、日が高くなってからは金ラメだったが色の違いはなかったようだ。
 持ち帰ったタイだが、タイ飯を作り今日の昼食にした。残ったタイは開きにし、今干してある。真鯛の開きだなんて、贅沢だねぇ。ウマは3枚におろして今朝、ムニエルにしたがこれが絶品だった。ウマなどと粗末にせずに持ち帰り、ぜひお試しあれ!アカメは4、5日寝かせてから刺身かなぁ。こちらも楽しみだ。ん?ガツガツと食べることばかりだって?だって食べつくさないことには次の釣りに行かしてもらえないではありませんか!