昨日はフリー!バイクを引っ張り出し、走りたいと思っていた圏央道に向けて出発。走っているうちに「そうだ、新幸丸で2号と、有れば1.5号のテンヤを買おう」と思い立ち、いつもの東金有料、波乗り道路経由で大原へ向かった。東金有料を降りる寸前、メットにバチバチと大粒の雨が当たりだした。が、その時はそれだけで済み、「ラッキー」てなものだった。一般道では水たまりやびっしょりと濡れた草木があり、つい今しがたの通り雨を物語っていた。バイクで走ってみて、波乗り道路に連結する東金九十九里有料道路の路面状態の悪さをおしりと背骨、両腕で実感した。いつもは200円、今日はバイクなので150円を払っているのだからぜひ補修してもらいたいものだ。波乗り道路の料金所で200円を払うとすぐ、太平洋が目に入ってくる。凪みたい!絶好の釣り日和なのだが、大原は定休日。一宮の終点まで60キロでゆったりと走る。車では味わえない海辺の空気、香りを感じながらドライブを楽しんだ。新幸丸宅へ行ってみると、カーテンが引かれている。家族みんなで出かけているようだ。バイクをUターンさせて圏央道の長南インターへ向かった。途中、黒い雲が右手に現れ東金辺りで降られるかなといやな予感がした。長南インターに入り、真新しい圏央道を東金に向けて走る。外回りはそこそこの交通量があるが、内回りには先にも後ろにも車の影はない。70キロ制限の道だが、60キロで両側に広がる田園風景を眺めながらのんびりと走る。茂原北インター手前でレクサスが近づいてきたのでハザードランプをつけて路側帯に退避し、やり過ごした。やり過ごした後本線に戻る。レクサスはハザードランプで返礼を送りながら素晴らしいスピードで遠ざかって行った。
 東金JCTでは小雨が降っていた。悪い予感はよく当たる。まあ、大した雨ではないので穴川を目指す。そのうちまたもや黒い雲が前方に現れてきた。雨の降りだす前に着けるか、通り過ぎた後に到着するか…。穴川を降りた途端、大粒の雨が落ちだした。まったく、悪い予感はよく当たる!しかも降り出しとは!右折して京葉道路下で長い信号待ち。みるみる目の前は本降りになってきた。バイクをラバーポールの内側に寄せて雨宿りするか、あと2分走って家に逃げ込むか?通り雨だから10分もすればやむはず、とわかっているのだが…。ええい、ままよと走り出したが道路は全面水で覆われて対向車の水しぶきも浴び、信号を2つ通過する間にぐっしょりと濡れてしまった。このスコールの様な雨、3つ目の信号ではもう止んでしまった。予想はよかったのだが、その予想に対する適切な行動を伴わせることができなかった。行動は機敏でなくてはいけない。昨日の体験、船の上で役立てよう、と思う。
 太平洋は海水温は24、5度で安定しているが範囲が広すぎ?当然潮の流れがないようで釣果が心配?