先週は久しぶりに岩和田港明広丸の沖底もの釣りに行ってきた。集合はなんと2時半!集まり次第河岸払いとのことだった。そこで素泊まりをチョイスし、5時に着くとすぐに眠った。しかし6時過ぎから9時過ぎまで若人のする花火の音や話し声で起こされてしまった。ここ何日か睡眠不足が続いているので素泊まりで早く寝ようとしたのだが・・・・。午前1時半、港に行き出港準備に取り掛かる。船に移り、ロッドキーパーをとりつけたり、磁石板の位置を調整したりした。が、何かおかしい!めまいのような、吐き気のような・・・・。あおむけになり、横になってやり過ごそうとしたら幾分か気分が良くなったので再び座って尻手ロープを結んだ。次に気が付いたときには甲板に横たわっていた。だけどあら不思議!ここからは気分爽快!自分で起き上がれたが、明広船長も乗り合わせた釣り人も「止めたら。」と心配そうに言ってくれた。「もう大丈夫、寝不足が続いたから。」と言い訳しながら準備を完了させた。この日海は凪ぎ。明広丸は滑るようにポイントを目指した。期待したポイントではめちゃくちゃな速潮!黒潮が寄って等温線は密だったから、予想こそしてはいたのだが。明るくなるまで底物を狙ったが、お祭り頻発でキンメを取り込みそこなった。メダイだけは上がってくるが、そんなにメダイばかりはいらない。2本だけキープした。明るくなってから鬼カサゴ狙いでポイント移動したら、なんとここでは潮が流れない。まったく海はわからない。
 今日は新幸丸で秋ダイを楽しんできた。今日も海はベタ凪で、たばこの煙もまっすぐ上がりそうだ。おまけに8時過ぎには強い日差しが射し汗が目に入る。潮回りを利用して日焼け止めをたっぷり塗った。水深は20メートルから30メートル。潮は1ノット。4号のカブラからスタートし、まめに打ち返しを繰り返した。この日は第2投目に500グラム弱のマダイを釣り上げて早々に坊主を脱出し、気分が楽になった。テンヤが良く見える水色だったがエサ取りの定番、ウマズラに邪魔されることがなかったということは案外底は暗いのか?ならばとほぼ一日蛍光グリーンで通した。沖上り真近だけ金ラメを使ったがこれも良く中りを出してくれた。シブイと無線が繰り返す中、釣果は800gを筆頭に11枚。あとは花ダイが2枚。頭は宮本プロの12?13枚?。浅いのでどうかなと躊躇した新幸丸カスタムロッドだったが、3号の軽いテンヤでも小さな中りを明確に伝えてくれたし(若船長も3号のカブラでキロ近いタイを次々と釣り上げていた。上手いなあ!ま、向こうは毎日だからなあと自分を納得させ、誘いのパターンを盗み見た)、なにより合わせが決まって楽しい一日になった。ちょっと前のダイワスプーンマダイに似ているかもしれない。ガイドが3個多い分、ずっと繊細になっている?明日晴れれば真鯛の開きを作りたいのだけれど・・・・。暑い暑いと思った夏もそろそろ秋霖の季節かな?