6時過ぎに大原・新幸丸に電話を入れると、「午前船はいっぱいなんですよぉ。午後船はまだ5人です。」という攣れない返事。午後4時に来客の予定があるので行きたいけれど行けない。諦めざるを得ない。残念だ!が、一度火が着いた釣り心は止めること能わず。美味しかった江戸前のアジに行くことにして、仕掛けを入れ替えることミッドウェー海戦の空母赤城のごとし!ブリ級が釣れるというので竿をもう1本用意した。金谷港は7時出船になったので、寝坊助にはありがたい。沖上りは12時50分だから来客にも余裕で間に合う。 
 そんなわけで今朝6時50分河岸払いして港口で7時を待つ。7時になるや各船全速で…いや勘次郎丸は2/3速くらいでポイントを目指す。浮島を交わしたところでスローダウン。棚69メートルとアナウンスがあり、自作40号ビシを送り込むと一投目から中アジを釣り上げた。幸先良しと投入、取り込みと続けたが中アジばかりでワラサのエサになる小鯵が釣れない。ほかの人はエサにはかなり大きめのアジを付けて仕掛けを投入したようだ。この日も一荷やトリプルがない!50センチ巻いて待ちさらに50センチ巻いて待ってみるが単発ばかりだ。お隣の方の釣り方をみると、中りが出た後はゆっくりと巻いて追い食いさせている。早速真似てみると・・・釣れましたよ、一荷で。釣果だが25匹までは数えたけれどゆうに残り30匹はありそうだ。今日、棚はばっちりだったようだ。と言うのも上あごに鉤掛かりしていたからで、タモの出番は数えるほどだった。当然海面でのナチュラルリリースも少なくて、二回だった。船長も群れの上にぴたりと船をとどめていたようで、潮回りはただの1回もなかった。 
   ワラサは船中1本。私の仕掛けだが、ヒトツテンヤでワラサやメダイを何度も上げていたので道糸4号に先糸8号、ハリス6号で十分とばかりに用意して行った。が、人工漁礁の上だからドラグをきっちり締めて一気に上げないと取り込めないとは船長の話だった。大原とは海底状況が異なったのだ。初めての釣り物は情報を充分に集めて準備しないといけなかったのだ。予約の電話の際に、せめてハリスの号数だけでも聞いておけばよかったと後悔した。船長の仕掛けを購入してブリを狙ったが、残念、不発に終わってしまった。が、最近も10キロを優に超えるブリが上がっているそうだ。江戸前の海の魚種の多さやその濃さは釣りを始めるまで知らないでいた。この辺りは藤井大兄の『江戸前の魚はなぜ美味しいのか』に詳述されている。前半は退屈に思うかもしれないが、是非ご一読することを勧めます。