ここのところ、大原沖の水温が上昇している。新幸丸の船長も言っていたことだが、そろそろ乗っ込みの第1陣がありそうな気配だ。明日の金曜日あたり良い思いができそうな気が…するのだが・・・行けない!
 行けないのだがいつものジャイアントに寄り、2.5号のハリスを買ってきた。新幸丸の船長の勧めを受けて、道糸をWX8の0.8号に替えたのだがリーダーは2号のままだった。速潮の時は少しでも細い糸がほしくなるものだが、道糸が0.8号ならばリーダーを2号から2.5号にした方が納まりが良いというものだ。
 人事を行うときなど適材適所は当然なのだが、2~3人乃至は3~4人で6つのチームを組ませるとき、一覧表を眺めながら最後に考える?感じ取ろうとすることは納まりの良さであった。人事と釣りのラインシステムを同様に比べるのは乱暴な話なことは百も承知であるけれども、0.8号には2.5号の組み合わせが納まりがいい!3号では結束部分で高切れしそうだ。早く海で確かめてみたい!