無念だ!金曜日、1時に起きて大原へ。狙いはメヌケだったのだが、釣り師5人の釣果は船長が朝一に釣り上げた35キロのアブラボウズ1本のみ!
 3時半河岸払いして一路目指したポイントは・・・・大原沖か?もちろん携帯は圏外。潮の流れを確かめた後、6時半に第一投を650メータの海底に送り込んだ。波とうねりのため船が大きく上下し着底が判りづらいので10メーターほど巻き上げて落としなおし、着底を確認した。するとすぐに小さな中りが来た。当たってる、当たってるとにやにやしながら竿先を見つめるが、小さすぎるようだ。メヌケではなさそうだが、魚には違いない。少し送り込んでみる。着底したので今度は底を切ってみる。その繰り返しの間も中りが続いているので、鉤掛かりを確信して巻き上げはじめるが、直に根掛かりのシグナルが来た。構わずに巻き続けるとすぐに重りが切れて巻き上げが始まった。しかし、魚からのシグナルが来ない。上げてみると3つの鉤にはエサがついていない。喰い逃げされてしまった。その間に船長は35キロのアブラボウズを取り込んでいた。12号のハリスでさすがにプロです。
 次の投入でも中りが来た。先ほどより大きな中りで期待が膨らむ。しばらく待った後巻き上げると抗う魚の様子が伝わってくる。と、次の瞬間道糸から緊張感が失われた。サメに食いちぎられたような様子もなかった。いったい何が起きたのだろうかと思いながら仕掛けが上がってくるのを待つ。そして上がってきた仕掛けは6個目の親子サルカンから下が無かった。幹糸の端には親子サルカンに巻きついていたループが残されているではないか!つまり、30号という太い幹糸をサルカンに結んだ時の締め込みが甘く、2キロの重りと抗う魚によって結びがすっぽ抜けてしまったのだ。クッソーと悔しがっても後の祭り!こんなことってあるんですねぇ。いい体験をしました。
 最後の投入では小ぶりなスルメイカが配られ一番下の鉤にかけるよう指示された。期待を持って投入した最後の流しだったが、中りもなく12時を少し回ったところで回収、沖上りとなった。スルメ?他の皆さんがカモメに進呈する中私の鉤にはエンペラだけが残っていましたよ。いつの間にか喰われていたんですねぇ。恥ずかしくて申告できませんでした。怪しい中りは・・・なかったのですがねぇ。孫鉤を目の上あたりに掛けておけば釣れたかもしれないが、これは邪道かな?
 波とうねりの中で刻々と水深が変わる場合、一度底をロストした後、速やかに底を取り直せなかったことは致命的だった。仕掛けは基本に忠実且つ丁寧に作ることの大切さも再確認した釣行だった。女将さんから鯵の干物と塩イカをいただいて帰路についた。