昨日の新幸丸は大ダイ中ダイが次々と上げられ、乗っ込み真っ最中ってな感じだった。私?私は蚊帳の外!
 3時半集合、9人全員がそろったところで釣り座の抽選。私は5番札で、右舷ミヨシ2番をチョイスした。2か月ぶりのタイ釣りだ。好釣果の期待と背中の痛みへの恐れが入り混じった老釣り師を載せて3時50分出港。財布にはおまじないのボルタレンが入っている。
 小1時間走ったところでスローダウン。岩船沖もかなり岩和田に近い。潮は2ノットと速潮だ。水深30メーターから釣り開始となった。竿はニットウの2.5メーターに5号のカブラ。底を取ったところでコツッという中りに竿を立てるとフッキングした。柔らかい竿なのでかなり曲がる。船長がそばに来てタモを聞いてくるが、残念、小物である。しかもただ重いだけで、タイではない。案の定上がってきたのはホウボウだった。水深はどんどん深くなり、65メーターまで落ちる。下の方とお祭りしたので聞くと8号だという。そこで竿を新幸丸Daichimodelに、カブラも8号のタングステンにチェンジした。ニットウは柔らかくて食い込みが良く好きなのだがせいぜい6号まで。それ以上になると合わせが利かないような竿になってしまう。
 その内、艫でビシマをしていた方が3キロ?ぐらいのタイを釣り上げた。すると間髪入れずに常連さんのスキンヘッドのSさんが中ダイを釣り上げた。左舷でも上がっているようで、特大のタモが行ったり来たりしている。期待は膨らむのだけれど、半病人の私にはガンゾウやJRA,イサキが掛かるだけ。潮が速いので、どんどん打ち直すように指示が飛ぶ。1回しゃくると3メーターも糸が出る。マメに打ち直したり、底でのステイを長くしたり工夫はするのだが、右舷のミヨシ3人にはタイの中りが来ない。と、またもSさんが紛れもない大ダイを掛けた。そばの方々は仕掛けを上げて見守る。ドラグの音が鳴り響くが、残念、痛恨のバラシ!しかし竿先はやや曲がっている。上がってきたのは半分消化されたホウボウと思しき魚の遺体?鉤掛かりしたタイは胃袋のものを全部吐き出して逃げようとするがこの大ダイも吐いたときに針が外れたのだろう。今回のように胃袋のものが釣れて来ることもごくまれにはあるという船長の話だった。
 沖上り真近になって、隣の方が立派なホウボウ、ヒラメを釣り上げた。どれもおいしそうだ。そんなことを話しているとまたもや彼の竿が曲がった。大きそうだ。仕掛けを上げて一進一退するさまを見守っているとやがてきれいな、後検4キロジャストの大ダイが姿を現した。
 最後はパラシュートアンカーを打ち30メーター弱を攻めたのでニットウにもどしたがタイの姿を見ぬまま、11時10分沖上り。数だけは7匹なのだが・・・・。また干物を釣ってしまった。残念だ!が、凪で微風。海の上は快適だった。まだノロが酷く、道糸がビシマのようになってしまった。帰宅後、海に浸かった70メーターほどを糸巻きに巻き取り、水に浸しながらノロを爪でしごいて先に送り、最後、リーダーの結び目で道糸を切ってノロを外した。これ、若船長から聞いたノロ対策です。