wpid-1420157585218-168x300

 明日3日は兄弟が集まる日。甥や姪、孫と言ってもまだ一人目だが、それに妹の連れ合いで総勢14、5人が集まる。もてなしは例年私が釣ってきた魚とキジやコジュケイ、イノシシ、房州鹿をメインに野菜の煮物や畑で採れた大根を切り干しにして作るサラダの類が並ぶ。しかし、ラッキーをなくしてからはキジやコジュケイが膳に上がることはなくなってしまった。ハンターには「一犬(猟犬)、二足(健脚)、三鉄砲(射技)」という言葉があるけれども二つももぎ取られてはキジ、コジュケイを獲ることなど夢のまた夢である。そこで、魚はふんだんに用意して楽しんでもらおうと計画した。趣味と実益を兼ねた都合の良い計画である。ヒラメは大晦日に調達してある。そこで今日は・・・フグを釣りに鹿島に行ってきた。
 5時集合、大漁旗をなびかせて5時半出船。6時を過ぎたところから12時まで凪の鹿島沖でたっぷりとカットウ釣りを楽しんできた。朝一から釣果に恵まれて、すぐにツ抜けはした。ツ抜けはしたが、その後が良くない。掛かりが悪くなりほかの人ばかりが釣り上げているようで、しかも自分よりも大きい魚体に見えてきて、最悪のパターンに陥ってしまった。そこで竿を極鋭165から健流スペシャルに替え、道糸も1号から0.6号に替えて気分転換をした。するとまたよく掛かるようになり、座布団のようなイシガレイも釣ることができた。沖上り直前にも入れ掛かりタイムがあり、フグ43(ほかにリリース2)、イシガレイも5枚を釣ることができた。鉛の色は一日を通して蛍光グリーンだった。
 それにしても寒い一日だった。下船してからの温かいカレーライスでやっと人心地が戻ってきた。
 お土産のシラスとオリジナルカップをいただいて帰宅してから開いた長岡丸のHPで私が竿頭だったとわかった。フグだけでなくイシガレイ5枚も。幸先の良いスタートか?はたまた今年の運を早々に使い果たしてしまったのか?まあ、ポジティブに受け止めよう。妹たちに明日は保冷剤を入れたクーラーを持参するようにとメールを打った。