20150129103923 木曜日が空いたので、大原港鈴栄丸にメヌケの希望を伝えたのは月曜日だった。週末まで吹くから今週はだめですよという返事だった。ぽっかり空いた木曜日!何をして過ごそうか?ブドウの剪定?いやいや、やはり海の上に出たい!沿岸だったら風の影響も少ないだろうからヒラメに行ってみるか。岩和田だったら北にも西にも強い。しかし、ヒラメは寒いからなぁと決めかねていると携帯が鳴り、「明日は凪ぎそうだから出ますよ。」という一度はあきらめた鈴栄丸からの知らせだった。それもお客は私一人だという。「いいよ、又にするよ。」「いやぁ、来てくださいよ。ネットに載せますから増えるかもしれないし。」としばしやり取りの後、載せてもらうことになった。
 3時チョイ前に現着して席札を取りに行くと、無い。ということは私一人?というわけで、星光の海を私一人を乗せて2時間走り、潮を確認した後450m下のメヌケにエサを投入した。が、700落としても着底しない。800近く出しても着かない。船長は「ここなら必ず釣れるんだけどなあ、潮が速すぎる。」とぼやきながら新しいポイントへさらに1時間、鈴栄丸を走らせた。
 第一投が+50mで着底すると同時に明確な中りが来た。少し大きいような気もしたがさらに送り込んだ。その間も中りが続く。しばらく中りを楽しんだ後巻き上げに移ると中りが無くなってしまった。「もっと早く巻かないと。」と船長から指導が入る。スピードを上げると再び中りが絶え間なく続き、悪いことに残り50mを切ってもまだ引く。「軽くならないよ。」と言うと「メダイかなぁ。」と言う船長のご宣託通り、メダイが4匹も上がってきた。これはこれで西京漬けがいいかなと思いながら取り込んだ。その次は明確な中りはあったのに鉤掛かりしなかった。
 その次はだんだんと深くなっていくポイントで、まめに底を取り直し、常に錘がトントンと底をトレースさせていく。と、小さな中りがあり送り込むとまた小さな中りが来た。2つは付いてるなと皮算用をはじいていると巻き上げの指示が有りチョイ早めのスピードで巻き上げてしまった。遠慮してしまったのだ。が、ミヤが重い重いと訴えてくる。メダイではなさそうで、期待が膨らむ。リーダーになり仕掛けを取り込みながら覗き込むと赤い魚体が浮かび上がってきた。2つ・・・と思ったら最後の針にもうひとつキロ弱の赤い魚が上がってきた。合計3つ。大きい2匹は後検3キロと2.4キロだった。
 最後の流しでも大き目な中りがあったのだが鉤掛かりしなかった。回収してみるとぷっつりとチモトの辺りで切られていた。歯の鋭い魚だったらしい。バラムツあたりだったのかもしれない。
 エサにはスルメ、サバ、タコベイト、サンマを使ったが、この日タコベイトは嫌われたようだった。ミヤには12号を1200m巻いてある。リーダーは60号を一尋繋いでハワイアンフックを結んだ。幹糸は30号、ハリスは20号。錘は鉄筋2㌔だがこれは船長にお借りした。それにしても日が上がるまでの寒さは遭難するのではないかと思いました。
 久しぶりのメヌケは脂がのっていて甘かった。カマの塩焼きは身がしっかりしていてこれまた美味!アラと引いた皮で作ったすまし汁は細かい脂が浮き、ながめているだけでも旨さが伝わってくる。勿論上品なお味でした。メヌケとメダイ、それぞれ1匹ずつ残し、残りはご近所にもらっていただきました。