20150313114504
 ちょうど1週間くすぶっていたことになる。この間、一滴の酒も飲まずに養生に専念した。まだ本調子ではないが、いつまでもパジャマ姿では死ぬまで病人のままになってしまいそうだ。そこで、金太郎と奥の3人で白子の桜を見に行ってきた。あでやかなピンクが雲一つない青空にそれはよく映えていた。例によって、金太郎は褒められたり、撫でられたりして人気者だった。遊歩道以外は抱いていたので病み上がりの腕にはかなり応えた。これでは中ダイも上げられないだろう。
 古民家食堂でお昼を食べたが、奥の頼んだアジのナメロウは美味しかった。アジも生きの良いものだった。セグロイワシの天ぷらは3人前もサービスしてくれた。
 その後は東金の植木市場に回り、欲しかった日陰ツツジを探したが入荷していなかった。入荷する先から掃けてしまうらしい。たびたび足を運ばないと入手は困難なようだ。大原の帰りには足を運ぶことにしよう。

今日の大原は貧果に終わったようだ。原因は低水温らしいが、南が吹くとなぜか水温が下がってしまう。南なら温かくなりそうなものなのだが…。なぜだろう?