しかし遠かった!月曜日午前4時半過ぎ、飯岡を旅立って、そこそこの船足でたっぷりと1時間半!どこを見ても陸は見えないし携帯は圏外!ここはいったいどこだろうか?
 「どうぞ」の船長の声で110メーターに送り込むと着底一発!ズン!といった中りに、まずは一杯と巻き上げるとパラソル級が2杯上がってきた。淡く透き通った飴色の美しいイケメン?イカメン?君だ。実に美味しそう!
 例によってサバ君が出てきて邪魔をする。メヌケのエサ用にキープするが、ほどほどにして直結に切り替えた。海上は凪で、直結の練習には願ってもない好条件なのだが、中りが・・・少ない。何杯か追釣したところでサバ君も姿を消したので再びブランコで確実に数を稼いだ。しかし、乗りが悪い。シャクリの回数も控えめにしてそれもそ~っとシャクリ、ステイを長くした方が乗るようだ。船長に「底?」と尋ねると「ウン、底。ベタ底。」という返事。度々お纏りしていたので中重りは外していた。幸丸の大型船に片舷6人で空いているのだがそれでも時々お纏りをしてしまう。仕方なく底をまめに取り直す形でひたすらツノをベタ底のヤリに送り込む。
 11時頃になって空が明るくなってくるとイカ君もやる気を出してくれたようで中りも増えて群れも浮いてきた。隣りの常連さんが35。私は20。ま、そんなもんですかね。でも全部がパラソルだったから十分な釣果だった。今期2回めのヤリイカだったが、前回のように手前纏りもなく、時間いっぱい釣りを楽しむことができた。
 そうそう、お隣の常連さんだが、イカを新聞紙で1回くるんでからビニール袋に入れていた。「出来るだけ水を残さない方が透明感を維持できるよ。レストランのシェフをしている友達のリクエストなんだ。もらうくせにあいつうるさくて。」と笑いながら訳を教えてくださった。ヨシ、次回は新聞紙持参で試してみようと思う。ハイ、遊ぶことと美味しいことにはマメなんです。