20150719143336
 10日ぶりに畑に行ってみると茎の太い青々とした雑草(君たちにも名前はあるんだよね)が地面を覆い尽くそうとしていた。野菜は長雨で病気に罹ったというのに、彼らの生命力たるや羨ましいほどだ。

野菜は奥のほか長男や妹たちが来て適当に採って行ってくれたのだが、キュウリは赤子の腕ぐらいになっていた。まあ、キュウリは1日に2回収穫するほど生長の速い野菜だから仕方がない。奥が自ら収穫に行ったのは1年ぶりだろうか?そう、魚だけでなく野菜も食べるだけなのだ、うちの奥は。

雑草も野菜も生きている。生きているからこそ生長するし病気にもかかる。そして不幸にも畑に生えた雑草は私に刈り取られて一生を終える。野菜は次々に実を(身を?)私に採られて痩せ衰えて枯れていく。今回のような事件や私の見落としで収穫を免れて肥大し、種子を実らせて子孫を残すと、その株は急速に枯れてゆく。

父母のほか、親類・知人の何人かは鬼籍に入った。エルやサース、ラッキーも今はいない。金太郎は相手をしてくれるが寂しいかぎりだ。