日曜日の夕方、お向かいさんからキスが届いた。アジ同様小魚だから当日でもいいかなと思ったけれど、一晩寝かせて翌日の昼、刺身と塩焼きにして食べた。キスの香りがして、透き通った身の美味いこと!甘みがあり、ぷりぷりで口当たりも良い。これでキンキンに冷えた大吟醸でもあればなあ。料理は好みに合った酒があれば言うことなし!料理の味を引き立て文句なく至福の一時なのだが、「酒も嗜む程度に。」とは若いDrからの厳命だ。が、しかし、でも、酔えないくらいなら飲まないほうがましだ。これは団塊の世代の酒の飲み方に他ならない。

 最近は「獲りたて新鮮」とか「神経締め」だとかテレビで度々流しているけれど、肉だけでなく魚も寝かせたほうが旨味が出てくる。その証に寿司屋さんなどは三日も四日も寝かせているではないか!その日のうちの青物など只々ゴリゴリするばかりだと思うのだが、TVでは「ゴリゴリ」を「プリプリ」とか表現して流している。

 身贔屓ではないのだが、長男は味が判るようだ。かなり幼い頃のことになるが、嫁入り前の妹たちがあちらこちら田舎の名店の類を連れまわして美味い料理を食べさせていたからではないかなと思う。以前、割烹旅館を営んでいたライフル仲間が、「小さいころから料理屋に連れてってちゃんとした料理を食べさせて欲しいね。醤油やソースをじゃぶじゃぶかけられたりするとうんざりしちゃうよ。」と嘆いていたのを思い出す。でも、「農家のおっかさんがつくった煮っ転がしの里芋の方が俺のいもより旨い!」とも言っていた。
 
 話は戻るが、早くキスのお返しを届けたい。早く秋になれぇー。冬でもいいぞおー。


 昨夜は冷や汗が出るほどの背中から腰に架けての激痛に、上体を斜めに起こして寝た。一晩明けてみるとかなり良い。掃除機をかけた後、庭の草取りもした。草取りと言っても草なぎで削っただけだが。あと細かいところと椿など植木の間や下は二、三日後に残した。日曜の朝、マラソンの750倍を散霧してあったので、藪蚊には襲われなかったが、この時期、彼らも子孫を残すことに必死なのね。