20151029193932

昨日は大原・鈴栄丸に乗り、ヒラメを釣ってきた。釣果は2.5キロ、1.7㌔に4キロのイナダ。あとはハリス切れが1。この魚は惜しかった!

3時半集合なので、2時には出発しないといけない。8時には床に入ったけれど1時間半おきに目が覚めてしまう。ナントカ睡眠の周期なんでしょうか?まゝよと1時には起きだして大原にむかった。

東金辺りから風が強く、停まると車が揺れるほど!予報とは大分違う。海上凪のはずなのに…。

大原に着くとすでに2台の車が止まっていた。強風で飛ばされていた席札が改めて掛けられたので、右舷艫を選んだ。エンジン流しだろうからミヨシに入りたいがバッタンバッタンして合わせられないだろうと考えたからだ。結果はミヨシに入った方は6枚を釣り上げていた。左舷艫の方は7枚。この方、アコウでもご一緒したけど月曜も乗られていて、9枚釣り上げたそうな。これは釣技の差ですね。

強風の中をバッタンバッタンしながら2時間走って一の宮沖で実釣開始となった。それでも予定ポイントのかなり手前らしい。45m落として底を切ったらすぐに大きな中り!一呼吸おいて再び大きく引き込んだので竿をゆっくり立てて鉤掛かりさせることに成功した。巻きに入るとかなりの引きで糸が引き出されていく。ややっ、こりゃぁ大判だなとほくそ笑みゆっくり巻く。特大のタモを構える船長。が、残り10m辺りから船底に入り込むような動きが始まった。タモに納まったのは大きなイナダだった。同時に掛けた左舷の方のはキロ前後のヒラメだった。

この後が続かず、30分ほどバッタンバッタンしながら走ると遠くに片貝の船が見えてきた。予定水域らしい。ここから中りが続き、皆さんヒラメを取り込んでいる。船長のタモ取りが追い付かず、隣同士でタモ取りしていた。が、私は歯形すら拝めない。8時半を回り、こりゃあボウズかしらと弱気な気分になってしまう。隣りで竿を出した船長もすでに3枚を釣り上げている。「あとは大石さんだけだよ。」と叱咤激励されるが来ないものは来ない。「潮から言ったら大石さんが一番当たるはずなんだから。」と言われても魚からのシグナルは・・・来ない!船長の仕掛け、少し変だな、ハリスは60cmぐらいだけど捨て糸がヒトヒロ近くあるなとみていると、待望の中りが!大きな波で上下するのに必死で合わせていると鉤掛かりしたようで重みが来た。竿をゆっくり立てると、そこそこの抗いが伝わってきた。途中軽くなったので、「小さいやぁ。」と船長に伝えたが海面近くで暴れながら現れたのは立派なヒラメサイズだった。「こりゃいいよ、ヒラメだよ。一番大きいよ。」と言いながらタモ取りしてくれた。この魚は後検1.7㌔だった。イナダもこのヒラメも孫針を飲み込んでいたので、チョイ、待ち過ぎだったのかもしれない。

次の中りは、船長が巻き上げているときだった。キーパーに置いてタモを用意していると派手な大きい中りが竿を引き込んでいる。既に鉤掛かりしたようで糸が出されていく。船長がタモを受け取った後、キーパーから外して巻きに入るが糸が止まらない。道糸4号にリーダー10号、ハリス6号だから切れるはずがないと勝手に思い込み、スプールに指を載せて止めに入った途端、軽くなってしまった。巻き上げてみると親鉤のチモトでちぎられていた。明広丸の船長は口をすっぱくして「ドラグ、ゆるゆるだよ。緩めといてね。」と叫ぶけれど、ヒラメでも6号を引きちぎっていくんですねぇ。いやいや、ヒラマサだったかもしれないと自らを慰めながらハリスを結び直して次を投入した。

鈴栄丸は時に100mを狙うこともあるので、全員、電動リールを使っている。今日は45mなので取り込みは手巻きで楽しみたいけれど、まだフィッシュは2匹だ。ミヨシでも上がり、時合かなと考えていると、待望の中りが来た。2回めで竿が海面に入ったので立てると掛かったようだ。最初のヒラメより明らかに大きな引きが伝わってきた。慎重に巻き上げると良型が浮かび上がってきた。船長の構えるタモに誘導した。「今日一だよ、2.5㌔あるんじゃないの。」と言ってくれた。鉤も親鉤がいいところに掛かっていた。あと1枚、と念じつつ送り込んだが、10時、最後の流しになり、沖上りをむかえた。帰港は追い波でプレーニングを繰り返しながら、1時間で入港できた。数は2枚でスソだったけれど、型はよかった。左舷の方も「私は小さいのばかりでしたよ。」と褒めてくださった。捨て糸50cmを1メートル上げて待っていたが、もう少し低い棚を狙えば、数が行ったかもしれない。「ハリスより捨て糸が長くなくちゃだめだよ。」とは船長の言だが、船長は長い捨て糸で「底、トントン」状態を置き竿にして数を伸ばしていた。画像は鱗を削ぎ取った2.5㌔のヒラメです。