大原でも鹿島でもタイが釣れ盛っているそうな!型も良い。数の上がっている今なら浅場の大ダイに巡り合うことが出来そうだ。鹿島の頭はタイラバだったそうな。タイラバは未経験なのでその面白さがどんなものかは見当もつかない。やってみたい気もあるが、疑似餌でタイ、にちょっと後ろめたさも感じてしまう。そんな気持ちのうちは手を出すこともないのだが、それぞれの持つ面白さは知っておいたらいつか役に立つかもしれない。
 今朝は平熱に戻りすぐにでも行きたいところだが、まだ腰が痛くて体の方がままならない。残念だ。当面は背中への負担のない、フグか・・・ヒラメといったところか。タイの好機を、まことに残念だ!
 先日の極細PEだが、張りのある糸ならばリーダーの先のエビをきびきびと動かすことが出来そうだ。ならば良い誘いになり、釣果向上につながるのではないだろうか?しかも値段は3分の1。しかし、トップガイドとの間の摩擦は大きくなり、すぐにケバだってしまいそうだ。さてさて、どうしたものか。