24日の兄弟の集まりにタイやヒラメの舞い踊りを提供しようと3連荘で頑張った。
 1日目、新幸丸に乗る。キロ半ぐらいのタイが欲しかったのだが、リリース1で空振り。もう一人のお客さんはビシマで頑張ったけどやはり手のひら大を1枚だった。
 2日目、長岡丸でヒラメを狙うがソゲが1。頭は3枚?中りは遠い!
 3日目、流石に3日目ともなると疲れた。が、この日も長岡丸で頑張る。キロ丁度を2枚釣り(頭)やっと様になった。この日も中りが遠かった。ソゲにも満たない魚らしく、鰯のシッポの先に幅の狭い歯形が残っていた。水色も緑掛かっていて活性も低いとみて捨て糸を40㎝に詰めた。これが良かったらしく、2枚を釣ることが出来た。やや小さいが仕方がない。船長も頻繁にポイント移動を繰り返してくれたお蔭と思う。落として中りが来ないとすぐに移動した。その間ものの2~3分か?
 竿はライトゲームの73。ミリオネア100に道糸1号。リーダー7号に錘は50号。40号も欲しかった。
 兄弟に姪、甥、孫たちにフグ刺し、フグの一夜干し、フグのから揚げ、ヒラメの姿作り2枚を用意することが出来た。このヒラメ、小さいかと思ったが、膳に載せてみるとなかなか立派だった。大皿にも収まらないので、お盆にアルミシートを敷き、庭の笹や南天、蝋梅やら椿の花を藍らって盛り付けた。シカもタレに漬けこみグリルで焼いて熱いところを食べてもらった。締めは握りずしだがこれは出前で!奥は野菜の煮物に唐揚げ、お新香、手作りのスイーツ2種などを用意した。喪中だったためこの時期になったのだが、無事に終わりホッとしている。次は4月の母の1周忌と父の7回忌の集まりだ。これは寺といつもの料理屋でするので手土産だけ用意すればことは足れる。