昨日の3日、久しぶりに金谷港の勘次郎丸に乗ってきた。
 7時出船だから5時に出ても間に合うという、有り難い時程だ。沖上りは13時。これもうれしい。館山道に乗れば眠気の来る前に家に着くという塩梅だ。
 今の勘次郎丸は弟さんの方。出船前、6時半まで事務所で釣り談義。鉤やらコマセの撒き方やら追い撒きやらいろいろと教えていただいた。参考になることばかりだったが、すぐ忘れてしまい自己流に陥るのは老いのために違いない。型も中型主体ということで期待が膨らむ。
 6時50分、スローで河岸を払い港口に船を停めて7時を待つ。7時ジャスト、各船はポイントへ向かう。勘次郎丸は港沖で釣り開始となった。深さは52m。「3~4mを探ってください。」と船長の指示が出る。着底後すぐに海面にまで下げていた竿を立てて根掛かりを防ぎ素早く2m巻き上げる。コマセを撒きながら3mで止めて追い撒きを軽くして待つとすぐに中りが来た。50cm上げて追い食いを待つ。あるいはゆっくり巻いて、これも追い食いを誘う。一荷もあったが待ち過ぎだったのだろうか回収途中でばれてしまうことも多かった。上がってきた魚も上あごに鉤掛かりしていることは少なく、タナが微妙に下方にずれていたようだった。
 1年ぶりのアジ釣りだったが、タナの合わせや多点掛け狙いで楽しめた。が、一番の楽しみはアジの味!鯵はその日も美味い!次の日はもっとうまい。昨夜と今朝、食べたが今朝の方が甘みが強く旨かった。昼は海鮮丼にするつもり。家には小さいアジを9匹。大アジ、中アジなどあとはご近所と妹におすそ分けして、クーラーボックスは空になった。これでまた釣行する理由が出来たというものだ。昨日の釣果は36匹。お隣さんは41匹。頭は常連さんの61匹だった。スソは31匹だったようだ。しかし、アジは旨い!