20160517094049

 日曜日、先月25日(早潮???そうか!そうだ!そうだった!)に続いて再び鈴丸のイサキに行ってきた。
 4時半現着。船宿の席札は左舷ミヨシ1番と艫1番が空いていた。???と思いながら艫1番をチョイス。風が出た時、艫なら吹き流ししてもお隣さんとお纏りの心配はない。が、なぜ艫が空いていたのだろう???不思議!!
 5時半前に岸払い。20分でスローダウン。キャビンから出て仕掛けをセットするが、やはり風が出てきた。寒い!かなり寒い!お隣さんに挨拶して釣り開始。船長は細かく棚を指示してくれる。前回ほど潮は速くはないが強くなってきた風と群れを追う船足で道糸が斜めになることも多い。そんな時は少し落とし込んだりコマセを出したりしながら棚のキープに努めた。すると、小気味よい中りが一日中続いた。海はだんだんと悪くなって釣りづらくなってきたがそれでも定刻まで釣り続けることが出来た。
 前回よりは型が少し良くなっていたが、それでも20㎝以下が混じってくる。リリースした後のお持ち帰りは42匹。もう少し型が良くなるのは水温が上がってから・・・やはり梅雨の頃だろうか?
 小さいものは3枚におろして皮を引き、タタキにしてみた。生姜と新タマネギのみじん切りに味噌を混ぜたが、これが絶品!!奥に言わせるとアジよりも上品な味だとか!好みでいろいろ混ぜたら楽しめそうだ。このアラで取った透き通った出汁で米を焚き、素焼きした身を混ぜたイサキ飯も結構でした。
 前々から欲しかった干物製造機を思い切って買ってしまった。「そんなに欲しかったら買えば。いつまで釣りに行けるかわからないし。」と言う奥の言葉に背中を押されたのだが、後半の一言は・・・・。送料が高くて総額は11万チョイ。早速、開いたイサキを、2
の水道水に5%の塩とお玉1杯のつゆの素、料理酒もお玉1杯を混ぜた中に2時間漬けて汁けを拭きとり乾燥機のスイッチを入れた。約3時間で一夜干しが完成!味?そりゃあ格別ですよ。もっと早く買えばよかったなぁ。竿は極鋭マルチ195。リールはミリオネアIC1001号の道糸。4号のリーダーを3m。ん?長すぎるって?鈴丸仕掛けは1.5号。タイやメジナが掛かった時のショックアブソーバーです。因みにゴムクッションも1.2㎜を50㎝にしてあります。明日は釣りクラブの仕立てで米元に乗ります。今度はアジの一夜干しが出来そうです。