明日は胃カメラで9時以降は飲食不可という奥。ならば良い匂いを漂わせながらわたし独り食べるのも可哀そうと、釣行を急きょ決定した次第。勘次郎のHPを確認すると連日難しそうなコメントと釣果でこれは目下の課題向けの海のようだ。深場にも行きそうなので蛍光ビーズも忍ばせた。
 集合時刻の5時に着くとわたしが最後で、前回と同じ右舷胴の間。船長の真下。45分にエンジン始動。港の入口に釣り船が集合。7時ジャストに全船ポイントに向けてスタートダッシュ!まずは前回と同じ竹岡沖、32m立ちで仕掛けを入れるがメッチャ速い潮で、道糸は斜めにカッ飛んでいった。釣りずらい、潮を停めてと船長に文句を言うが中々棚に仕掛けを入れらない。うまく入れば即中りでしかも大アジ!ゆっくり巻き上げるが潮と魚の重みでバラシが続く。うまく取り込めれば大きい。が、取り込める釣り師は少ない。船長もしばらく粘るが、「深場に行きます。」と見切りをつけた。
 鋸南沖、82mでは潮の流れを感じない。最初「7mね。」と指示が出た。いい感じで上がり始めたが魚は小ぶりが多い。その内、艫の先輩?ご同輩?がトラブルを起こしたみたいで船長、渋糸を艫からミヨシ、また艫へと回して何やらしていた。その間に船は大きくポイントを離れてしまったようでトラブル解決後の潮回りでは「4m」の指示が出た。しかしこの後は中りが止み、前回の学習成果をフル動員させるも数を伸ばすことが出来なかった。陸に上がってから礼を言って帰ろうとすると竿頭のご宣託があった。私は37匹だったがミヨシの佐倉から週一ペースで通っているという常連さんが35だというので、頭を譲り追加の氷(100円)を魚に被せて帰宅した。
 夕食後、25匹を開きに作った。蛍光ビーズだが、船宿仕掛けの赤ビーズと変わりはなかった。82mの海底でもコマセの煙幕の中の赤タンはよ~く見えるらしい。そう思いながらアジの目を見ると大きな澄んだきれいな目をしていた。