意気揚々と電話を入れたのは日曜日。「北?」「はい、1時間20分走ります。」「楽しそう!クルージングだね。」とやり取りして月曜のフグを予約した。最近は重いので錘は蛍光グリーンとアオヤギカラー、赤に白を持っていくことにしている。大体これで足りそうなのだが、当りカラーをロストした時を考え2個ずつ持参している。後、リールと竿は必ず2組。

 そのリール、ギヤ比5.9に期待して購入したカルカッタ300Fには0.6を巻いてある。が、月曜日は良くなかった。

北風の中、2時間もバッタンバッタンしながらたどり着いた大洗沖は結構なうねりと風!水深28mの海に投入するとすぐに中りがあり鹿島サイズを手にすることができた。しかし超のつく回転で抜き上げたもの。うねりが大きくて船が沈む時は全力でハンドルを回すのだがそれでも悔しい、巻き上げが間に合わずにテンションは0になってしまう。最初の1匹目はなんとか間に合ったのだが、その後は船が沈んだ後の次に持ち上げられたときにはバレテしまっていたことがちょくちょくあった。ギヤ比5.9はいいのだが、スプールそのものの径が小さいので巻き上げスピードが上がらず、船の上がり下がりに間に合わないのだ。まるでテンヤマゴチのような賑やかなバラシが続いた。頭31、スソ19。はい、19は私です。だけどどれも鹿島サイズだったので、「え~っ、これみんなフグ?」と奥がびっくりするほどの量だった。負け惜しみ?かもね。明日は鈴栄丸に乗ります。昨日まで釣れ盛って?いたメヌケだが今日は撃沈だとか。さてさて明日はどうなりますことやら。