船長からの電話に出てみると「大漁!キロ以上!」とのことで日付の変わるころに起きだし、大原へ。2時半出船だったけれど、全員揃ったので15分前に女将さんに見送られながら河岸払いして2時間超のクルージングとなった。これはメヌケでも同じで、すぐにキャビンで横になった。
 ポイント到着。潮を確認した後、艫からの投入となった。水深は260mだからすぐに着底した。「後ろの人から中りが出ますからね、あげるときは後ろから上げますよ。一度かかった魚はめったに外れませんからねー。」と船長。しばし待ち、10m巻き上げて落とすと中り!少し巻き上げた後、また落としなおす。たくさんの魚をつけようとの魂胆なのだが…これが良く無かった?潮の速い中で後ろの人とお祭りしてしまったようだ。
 まっていると「上げましょう。」の指示が出た。船が持ち上がった時は止まるくらいのドラグで巻き上げるとお纏りしながら、でも浅いので直に赤い魚が上がってきた。が、キロには遠く及ばない500g程度か。それでも6枚上がり、第一投としてはまずまずだった。2投以下が期待される。
 が、その後はサバの猛攻で仕掛けが落ちない!ドラグを締め最高速で巻き上げるが痩せたサバがパーフェクトで上がってくる。サバを避けられた人には赤い魚が上がってくる。沖上りまで落としても落としてもサバ、サバ、サバ!一回は幹糸がサバの重みで切れてしまった。最後の回はサバの首を折ってキープした。これは開き用。帰りの船上で若船長から5枚頂いて沖の五目釣りがジ・エンドとなった。
 重りも300号、道糸は8号でメヌケよりもずっとライトな釣りだった。竿もリールも超軽くてお手軽なのだが500gではねぇ。昨日は小さな個体の群れにあたってしまったようだった。一投目の頃は雨で、船長の「竜巻が来たら糸を切って逃げますよう。」のアナウンスにはビビったけれど、8日のキス以来の釣りで楽しかった。釣りはいいねぇ。