wpid-wp-1473918047711
 長岡丸で大型フグ22匹・・・でも頭!
 背中の痛みを考慮して、フグに決定し長岡丸に乗ってきた。この時期、まだ群れは固まっておらず、船長は群れを探してマメに船を走らせてくれる。1~2匹釣り上げるとまた船を走らせる。たまに連荘で掛かる。魚体が大きいので引きは強烈。十分に楽しむことが出来た。一度は明らかに大きな引きに時間をかけて海面まで引っ張り上げたのだが、その魚体にびっくり!5、60㎝はあろうかというフグなのだ。道糸は0.6号!リーダーは3号!ギンギンに締めてあったドラグを緩めようかと思ったとたんに結束部から引きちぎって海底にお帰りになった。0.6号だから切れるときは切れると承知しているので悔しくはないが・・・5、6㌔もありそうなトラだったかも知れない。大船長も0.6号じゃぁ細すぎるよとあきれたように言うが、錘15号でもお纏りの心配はないし、中りは明確だし私は好きだ。
 そのあとは持参した硬めのテンヤ竿に替えて鹿島沖のフグを楽しんだ。このテンヤ竿フグ?、小さな中りを竿先に演出してくれ、竿をたてれば掛かり、気分はこの上なく爽快!逃げ回って竿を曲げた後急に上に向かって泳いだときは竿が柔らかいので外れそうに思うが、途中でバレルことはただの一度もなかった。基本スレだから結構引いてくれる。リールはステラc3000、道糸0.8号、リーダー2.5号を2尋。竿だけでなくテンヤマダイのラインシステム全体をそっくり流用したのだ。
 スルメをいただいたお向いさんはじめご近所さんにおすそ分けをした。明日実家に帰る奥にも持たせよう。フグは久しぶりなので喜んでくれると思う。
 今、上州屋に行って昨日使ったミリオネア100をオーバーホールに出してきたが、店に入るなり、店長はじめ居合わせた店員さんたちに「見ましたよぉ~、長岡丸~。」と笑われてしまった。テンヤタックルでのフグの面白さを力説してきた。(写真は長岡丸のHPから)