IMG_2014 長年乗り続けてきたハイエースラジアス。27万キロ超をはしってくれさすがにオイルのにじみが納まらなくなり、シートもへたり、カタカタと音も出てきた。2700ccのエンジンは街乗り5㌔/ℓ弱というエコには真逆の車。「車検前には必ず見積もりを!」とクラウン以来お任せしてきたトヨタカローラから宣告され、乗り換えを決意した。新車は今日ディーラーに着く。が、受け取りは明日。そんなわけで長年乗ってきたハイエースを洗車機に掛け(セドリック以後は洗車機にお任せ)、荷物を下し、掃除機をかけ、雑巾がけをした。思っていたよりもはるかにきれいな内装で、シートもゴージャス、そして広かったことに気が付いた。分不相応な車に乗っていたんだなぁと今更ながら実感した。
 ハイエースに乗り換えた理由は父母の車いす対応だった。8ナンバーで7人乗り。内一人分は車いすの分。後ろには昇降式装置が付いている。300㌔まで持ち上げられるので、シニアカーに乗ったデブの父も軽々と車内に収容してくれた。釣果で重くなったクーラーまでもが時々だがお世話になった。
 ワンピースロッドがすんなり入るので釣りはハイエースだった。旅行も席からのロケーションが良いし大きく重いほうが揺れが楽なのでハイエース。エルも、ラッキーも金太郎も必ず一緒でたくさんの思い出を作ってくれた車だった。ご苦労様、ありがとう。
 父母は今は鬼籍に入ってしまった。ならば、大金を掛けて車検を通すこともない。というわけで車種選考会開催。アルハードを観に行くと「なぜこんなに大きな車が必要なんですか?」と、冷たい奥の一言に車格を落としてノア、セレナクラスに。ノアは床が下がり、目線はほとんど乗用車。これは奥が強く嫌い却下。世は低床式ミニバンの流れらしいが高いほうがはるかに運転しやすいのになぁ。「乗りたい車が無い。」とカローラでは愚痴ってしまった。
 アイポイントが少しは高いらしいというそれだけの理由でセレナ購入を決定した。7月17日に契約。明日納車。プロパイロット付きなのだが、セドリックターボを予約注文した時のようなワクワク感が無いのは13台めだから?歳で感性が固くなったから?かしら。技術は日進月歩、秒進分歩!4年後には自動運転車が席巻していることだろう。そうかそうだった、感激が足りないのはそんな理由なのかもしれない。