土曜の夜は気分がかなり悪くなり、奥は里帰り中で一人だったこともあり、明日の朝日は拝めないのかなぁとそんなことをうつらうつら思いながら寝たのだった。が、目覚めた日曜の朝は素晴らしい天気で、如何にもと言った釣り日和!早速電話を入れて午後船上の人となった次第。
 全部で9人の釣り人が集まって釣り座の抽選をしたが最後の私にはくじ札が残っていない。「じゃぁ、大石さんは9番。右の胴の間、このあたり。」というのでミヨシから数えても3番、艫から数えても3番に席を構えた。「深いかしら?」「いや相変わらず。23でいいでしょう。」と軽いテンヤを勧められた。まずは重めから落とし、だんだんに軽くして行こうと、蛍光赤の4号をセットした。
 30分後、着いた岩船沖の海底はたった12
。すぐに中りが来て300gあるかないかのマダイを抜き上げた。窓から見ていた新一船長に「大石さん、上手いよ。」と褒められすっかりいい気分に。すぐに手のひら大を追釣し「やっぱりうまいよ。」とまたまた褒められ、「その内にタモをお願いしますから。」とすっかり有頂天に!その後もJRAやフグを次々に抜き上げた。フグは入れ食いのように5匹を釣り上げた。次回はカットウを持ってこようかなと考えたほどフグらしい中りが続いた。フグなら一の宮沖より岩船沖だね。
 が、そのあとはタイの中りは遠のいてしまった。「船、動いていますかねぇ。」「いいや、ぜんぜん。」「こんな時はどうすりゃいいんですかねぇ。」「軽くするか
キャストするか。」「さっきまで1.5号を試したんですけど中らなくて。入れ替えもちょくちょくやってるんだけど。」と息をひそめるような会話が続いた。
 漸く中り出したかなと感じたのは4時を回るころだった。まず右舷で良型や3㌔の石鯛が上がった。時合だと気を入れて竿先をにらむように見つめ、微かな動きに合わせると連荘でタイが上がり始めた。照明の中、600gのマダイを抜き上げて沖上りとなった。250gから600gを6枚。リリース2枚。ウマ2匹にフグ5匹で浅場のテンヤマダイを堪能した。タイは5匹を開きにしたが、天然マダイの開きの価値を奥は理解してくれるかな?無理かな?フグと600gのタイはシャブシャブにしたが鍋の美味い季節になって来た。
 実は今回も津波の太平洋に乗り出すところだった。月曜が良かったのだけれど、あいにく鹿島も大原も定休日。体調も悪いし火曜にしようと決め、深夜の急変に備え携帯を手首に巻きつけて寝た土曜日だったが、日曜の朝日のあまりのまぶしさに午後船に乗ることにしたのだった。5年前の3.11の時は奥に午後船に乗れと追い立てられたが、思いとどまったのだった。人生と同じで私の釣り人生も綱渡りのようだ。久しぶりに5年前の3月のブログを読み返してしまった。