午前中は凪と読んだ釣りじじい、昨夜、勘次郎に電話を入れると「明日は出ないことにしちゃったよぉ。」とツレナイ返事が。ならばと長岡丸にフグを申し込むと「明日はヒラメでも3人なんですよぉ。」とこれまた期待を裏切られる結果に。寒いだろうけれど、お客は少ないだろうからのんびりゆったり釣れるぞという目論見は見事に外されてしまった。残念!
 巷ではトランプ旋風?とかで喧しい。急に権力を握ると、そこに穴があれば何かを突っ込みたくなるもの、何かが飛び出ていれば打ち込みたくなるものと相場は決まっている。皆さんの上司にそんな方はたくさんいらっしゃるのではないか?それがある日急に外交に携わるようになった方や新米政治家だったりすると過激な自国中心主義に陥ってしまうものだ。今のトランプがそうで、大概の政治家や外交官は国際政治への理解を深めると、閉じられたナショナリズムは自国のみならず同盟国をも危うくするものだと気付くものだ、普通ならば。
 イギリスもアメリカも瓢箪から駒のような結果になったが、日本にだって十二分に起こりうることだ。先の都知事選、千代田区長選には物言追わぬ大衆の反旗のようなものが感じられはしまいか?総選挙もいいけれど、私たち一般大衆の生活向上を疎かにしていると思わぬ予想外の結果を招くことも・・・・あるかもね、総理!