20170712071755

 月曜日の予約は土曜のうちに入れておいた。満を持して勘次郎丸の船上の釣り師になった…のだけれど、何かぱっとしない。11時半が干潮いっぱいだと焦っていると11時を回ったあたりから型が急によくなり始めた。いや、10時半辺りから変化は感じていたのだが、11時を過ぎて顕著になった。船長も「昨日はこのあたりから良くなったんだよ。」と囁いてくれる。俄然やる気が出てきましたね、イージーライダーな団塊世代釣りジジイは。

 樽がいっぱいになったので置き竿にしてクーラーに移していると、「大石さん、中ってるよ。」と船長のアナウンスに振り返ると大きくライトゲームリミテッド195が突き刺さっている。タモを用意して巻き上げるとたびたびスプールが止まる。50mの海底から上がってきたのは立派なサバ!デパ地下だったら2500円はしそう!つぎからは378㎝の大アジも上がり始め、終わってみれば35cm強の大アジが6本、中アジ主体に43匹のアジに、サバが5本だった。途中で2回、船長の釣果確認が入ったので、多分竿頭?ところが皆さんクーラーが軽いためか陸に上がると早々に帰られてしまった。というわけで、月曜の釣果は確認できず勘次郎丸のHP更新はなされなかった。

 アジの刺身はとろっとしていて最高でした。いまが一番旨い時期なのかな?サバは〆サバと味噌煮に。こちらも絶品!鹿島でフグが釣れ始めたのでそちらに行きたいが、もう一回勘次郎丸で良い思いをしたい。