t_8364_0_190827114020 不動丸の模様が良かったので、その翌日の27日、久しぶりにフグを楽しんできた。が、潮が速かった。黒潮からは遠く離れているのだから、黒潮のせいとは言えないと思うのだが・・・・。

 前日は頭で40匹超えだというので込み合っているかと思えばなんとなんと予約はたった3人だとか。飛び込みの客を入れても4人。大名釣りだね。30分ほど南下して5時半過ぎに実釣開始となった。第一投目から先陣を切って中くらいのフグを釣り上げ、『今日も釣れそうだな』とほくそ笑んだ。しかし、朝の内だけ。。。というパターンが間々多いのも現実。釣れるときに釣っておかないとと念じつつ24mの海底に仕掛けを落とす。船長が嘆いているが潮が速い。潮に乗った時の魚は重い。フグとは思えないほどの重さだ。2匹目は特大サイズだったが重いこと重いこと。入れ掛かりのように釣れた時もあり、ツ抜けに時間はかからなかった。が、そのあとがよろしくない。中りが少なくなってしまった。

 後半は朝ほどではないが楽しませてくれた。後半はスピニングにお出ましを願い、遠投して広く中りを探った。結構中りがあり、掛かるのだが速潮のせいで重い!長い距離を巻き取っているうちにバレが多発し釣果を伸ばせなかった。全部取り込んでいれば30匹は楽に超えられたのではないか。まだまだ修行が…いや体力が足りなかった。次回は遊動幅を広くとった仕掛けも用意しようと思う。絵は船長も認める特大フグです。不動丸のHPからお借りしました。