今月2回目の釣行。7日は風が落ちず船宿解散。13日の金曜日❓は3人は型を見るが、若船長と私と隣の釣り人3人の並びは坊主。外道の良型キンメは24でお土産になった。そして昨日、遠いということで2時半出船。昨日も沖は潮が速く浅場にポイントを変えて実釣。と言っても300mから400mはあったが、キンメは爆釣だった。

 初回は1匹だったがあとは12から16匹でクーラーをはみ出してしまった。船長や若船長二人は各々50㎏から釣り上げたようだ。プロは違うね、流石!キロクラスも20匹はいたらしい。陸で追加の氷をサービスしてもらい、いつもの様に車に積み込んでもらった。それだけでなく船への積み下ろしも船長や女将さん、二人の若船長さんが手助けしてくれるので私のような非力な者でも深海釣りを楽しむことができる。感謝感謝の船宿だ。

 途中本家や母方の親類などに届けて軽くして帰宅。帰宅後はさらに予備のクーラーに分けて軽くしてから奥と二人でおろした。が、それでも十二分以上に重く、古希を過ぎた二人の腰や手は抜けそうだった。普段お世話になっているご近所さんにも少しずつ引き取ってもらい、近くに住む妹は呼びつけ東京の妹には宅急便で送った。それでも優に50匹以上の残りは丸干しと西京漬け、フライ用に三枚おろし、もちろん刺身やなめろう、煮つけ用に下処理をした。疲れた老体には50匹も処理できるわけもなく、昨夜は途中で失速!残りは今日、朝から取り掛かるつもり。